せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

下克上ならず...

  • H7−0E

ホークスは柳田が1番。これを余裕とみるか、勝負をかけてきたとみるか、いずれにしても流れはホークスだった...。

美馬の状態が気になる1回裏の守り、その柳田がいきなりヒットで出塁する。今宮がバントで柳田2塁、嶋が捕球できずに前にこぼした間に柳田3塁。デスパイネは四球。初回から緊迫した展開になった。
美馬は投げづらそうだった。で、内川にしっかりセンターへの犠牲フライを打たれ先制された。続く中村もライトフェンス直撃のヒット。中村に当たりが戻ってきたのもホークスへの流れを象徴。そして迎えるのは松田だ。まったく息が抜けない打線だ。分かってはいるけど、それが調子こいてきたから手がつけられない。...と思ったらその松田にも2ベースだ。たちまち3失点。

美馬はやはり本調子じゃなかった。制球は甘いし、ストライクはことごとく高めに入っていた。ただでさえ疲労感のあるシリーズ特有の雰囲気の中で、中5日の再登板はやっぱり早かったなあ、そんな感じだ。

それに比べ相手先発・武田は体力、気力共に十分の力強いストレートをビュンビュン投げ込んでいた。これが優勝チームのアドバンテージと思えばしょうがない部分もあるけれど、連勝で3本柱へバトンを渡せたところまではイーグルスに流れがあった。それだけに勿体無かったと言うか、残念というか、少し恨めしい気分だ。

昨日のブログにも書いたけど、連勝したところで「ここから一気に...」ではなくて「ここからじっくり」という戦術にすべきだった。つまり3本柱の前に藤平を入れてせめて3本柱に中6日は与えたかった。シーズン中の藤平を見る限り、彼なら流れを変えるような炎上はなかったろうと予想できたし、後ろに3本柱が控えての登板となれば、仮に炎上しても流れ自体は変わらなかったろうと思う。

ところがよりによって必勝体制で投入したはずのエース則本が2度めの炎上をしてしまったものだから流れはガラリと変わってしまった。続く岸、美馬のwエースを持ってしても、休養不十分の状態ではさすがに変わった流れを元に戻すことはできなかった。そんなファイナルステージにしてしまった。

明るい材料は、4回から美馬のあとを受けた藤平が落ち着いたピッチングで好投したことだろうか。ただ、藤平が好投すればするほど、ファイナル連勝の後の第3戦目に投げさせたかったなあという思いが強くなってしまうのだなw。

これで2017年シーズンも終わった。3位でCSファーストステージに進出して、ライオンを撃破したのは気分が良かった。この勢いでファイナルも突破したかったところだけど、さすがに野球はそこまで甘くなかった。ただ、十分に楽しませてもらったシーズンだった。選手たちにはお疲れ様と言いたい。そしてありがとうと言いたい。

次の勝負はドラフト会議だね。茂木や藤平のような金の卵をゲットしたい。

f:id:uesugi_rintaro:20171022172603j:plain
MVP内川、敵ながらアッパレでした...

それからこれもありました。来シーズンはLINEでの指示も控えてください、よろしく。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村