せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

下克上のはじまりはじまり...

  • L2−5E

本当に勝っちゃいました。初戦敗退のチームが連勝でファーストステージ突破です。エースで初戦を落としたときには(それも大敗で...)、どうなることかと思いましたが、岸がさすがのエース・ピッチングを見せれば、美馬がいつも大物食いで、先に点をやらないナイスピッチングでゲームを作ってくれました。ついでに言っておくと、ノリには福岡で本領発揮してもらいましょう。ノリはリベンジという展開には滅法強いところがありますからw。だれにリベンジするかって?、それは自分(の不甲斐ないピッチング)に対して、ということで...。

例によって1回表に1点先制したイーグルス。もっと畳み掛けるように3、4点取ってくれれば楽な展開にできるんだけど、なぜか律儀に1点どまりというのがイーグルスらしいところだ。その裏、先頭の秋山にいきなり3ベースを打たれ、0アウト3塁のピンチ。でも、次の源田をレフトフライに打ち取り、その次の森、山川と二者連続の三振で切り抜けた。

今思えば、この1回裏のピンチを凌いだことが、昨日のゲームの勝敗を分けたと思うなあ。あれで先発の美馬自身が「今日は行ける。」と確信したと思うし、何よりチーム全体に「今日の美馬はMVP男の美馬だから大丈夫!!」という雰囲気を作ったはずだ。梨田マジックならぬ、美馬マジックにかかった瞬間だったと思う。

美馬は落ちる変化球がよく制球されていた。回を追うごとにゴロアウトも多くなっていたから低めのコントロールもできていたと思う。いいときの美馬の展開だった。1回裏に続くもう一つの山場が、ペゲーロがイージーファウルフライを落球したときだ。あれは2回裏だったか...?。あのあと打ち取ったはずのバッターにヒットとか打たれた日には目も当てられない。悪いときの美馬ならそれでプツンと緊張の糸を切っているところだけど、そのあと空振り三振にとってことなき終えた。ペギーが思わずグローブをパンと叩いている映像が流れたっけw。いくつかあったこんな場面も火傷せずに乗り切れたから運も味方していたように思う。

映像に映る選手の吐く息が白かった。球場は相当寒かったに違いない。寒さにも助けられたかな。寒い球場ならイーグルスの選手にきっと有利に働いたはずだw。

f:id:uesugi_rintaro:20171016230645j:plain
みんなのホッとした顔が印象的ですw。

美馬が途中で代えられた5回裏。あのタイミングも絶妙で、梨田さんのナイス采配だったと思う。美馬のバント処理を見たとき、やや守りに入っているな、そんな風に感じた。0アウト1、2塁から外崎がP前へバント。3塁が間に合いそうなタイミンだったけど、美馬は1塁へ送球。いつもの美馬ならきっと3塁へ投げていたはず、そう思った。あのときは、たしか嶋も3塁送球を指示していたと思ったけど、美馬は安全策をとったのだった。以前、3塁送球でアウトを一つも取れずに窮地に立ったことがあった。そのときのシーンが頭を過ぎったのかもしれない。そのあと、炭谷に犠牲フライを打ってくださいと言わんばかりのハイボールを投げて(犠牲フライで)失点した。で、梨田さんはすぐに高梨へスイッチした。次が左の秋山だったこともあったとは思う。ただ、いつもの美馬と違った弱気な雰囲気が出ていたのも事実だ。梨田さんならそれも感じていたんじゃないかなあ。ま、結果は「吉」と出たからオーライ。

ライオンの秋山はバッティングといい守備といい、嫌らしい選手の多いライオンの中でも飛び抜けて嫌らしい選手だ。彼がいつもイーグルスを窮地に追い込むキッカケになっているイメージがある。で、なぜか不思議とチャンスに秋山へ回る展開が多いから、やはり彼も「持っている選手」「選ばれた選手」の一人に違いない。美馬から高梨へスイッチした5回のピンチにも秋山へ打順が回った。さっきも書いたとおり、秋山へ回ったから高梨へスイッチしたとも言える。昨日のゲームで3度めの登板となる高梨だったけど、アウトコースへ大きく外れるボールがあったりして、動揺は隠せない。それでも梨田さんがあの場面で送り込む信頼は伊達じゃなかったね。結果、三振に討ち取った。すごいよ高梨。

高梨は回跨ぎだった。秋山を打ち取って「お役目終わり」と緊張の糸を一度緩めてしまったか、高梨は先頭の源田を四球で歩かせた。惜しい...。そして、森のところで代打・メヒア。高梨からソン・チャーホウへとスイッチした。嫌な展開になったけど、チャーホウはなんとか乗り切ったね。彼も高梨と一緒で、このファーストステージでの経験でもっと良くなりそうだ。

しかし、ライオンの中継ぎ陣も良かった。ハーマンを使わなくて済めば、ライオンといい勝負だと思っていたイーグルスの中継ぎ陣だけど、7回にはハーマンを投入せざるを得なかった。で、やっぱり2アウト1、2塁という展開にしてしまうのだなあ。ハーマンは、なかなか使い方が微妙(繊細)な選手だと思う。こういうときに久保がいてくれたらなあ、そう思った。そしてやっぱり秋山を迎えたところでハーマンから福山にスイッチした。なぜか嫌な場面でいつも秋山が来るなあ。ほんとうに嫌なバッター。でも、三振にうちとった。いいぞ、福山!

昨日のゲームの勝因の一つは「秋山」をしっかり封じることができたことだったね。その意味で、高梨と福山にはアッパレをあげたい。

ライオンのシュリッターはミコの雰囲気があるなあ...と思っていたら、8回、そのシュリッターからウィーラーがホームランを放ち貴重な貴重な追加点だ。でも、まだ油断はできない。...そう思っていたら、岡島が四球で歩いて、続く枡田にまで2ランが飛び出した。怖いくらい理想的な展開になってきた。このあたりから心臓が高鳴っていたと思う。

そして迎えた9回の攻防。まずはイーグルスの攻撃だったけど、ライオンの増田に三者連続三振に討ち取られ嫌なムードが漂って、その裏のライオンの攻撃で我らが守護神・松井裕がライオン先頭の浅村にいきなりソロホームランを打たれた。これで3点差、おいおい、大丈夫か...。でも、大丈夫。金子、中村と連続三振でようやく落ち着いた。そして最後は外崎の1塁ゴロでゲームセットだった。

いやぁ、いい終わり方でファーストステージを突破したものだ。松井裕も「らしい」ピンチングで締めることができたし、ムードメーカーのウィーラーに当たりが戻った。シリーズ男になりそうな枡田の存在も頼もしいし、ノリのもやもやピッチングもファイナルで爆発しそうだし...。これはイーグルスの下克上も夢ではなくなってきた感じがする。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村