せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

「福岡へ行きましょう、みなさん...」(岸 孝之)

  • L1−4E

CSファーストステージ第2戦は岸の「さすが」の好投で勝利、1勝1敗の五分に戻した。いよいよ明日の第3戦で決着がつく。第3戦の美馬は大舞台に滅法強いところがあるので、パ・リーグの「初戦勝利100%突破」のジンクスはあるけれど、ここは大いに期待したい。

f:id:uesugi_rintaro:20171015171709j:plain
岸、ありがとう...。君は最高だ。

さて、昨日の岸だけど、もう「さすが」としか言いようがない。レギュラーシーズンの勝ち星こそ8勝止まりだったけど、ここぞというときの安定感、信頼度はやはり「別格」で、昨シーズンまでの古巣相手に相手ライオンファンからのブーイングやらヤジの飛ぶ最悪の状況の中で、シーズンと変わらない(...というか、トップシーズンの状態へ調整するあたりはまさにプロなのだ。)ナイスピッチングを見せてくれた。ノリとはやはりエースとしての格の違いを感じたマウンドだった。

で、この岸の好投の影には1回裏の銀次のファインプレーがあった。あれがなければ岸の立ち上がりもどうなっていたか分からなかったなあ。
1回表に茂木の先頭打者ホームランで先制したイーグルス。その裏のライオン、先頭の秋山は打ち取った当たりがセンター前に落ちて2ベースとなった。これは岸に相当こたえたはずだ。そして次に源田のヒット性の当たりだ...。あれが抜けていたら同点というところを銀次が見事キャッチ、ファインプレーで救ったのだった。立ち上がりのピンチの場面であのプレーは大きかった。相当に大きかった。

昨日のゲームでは久々に梨田マジックが炸裂していた印象だ。
まずは攻撃。2回の枡田のタイムリー2ベースでの追加点、嶋のスクイズによる3点目。そして7回の貴重な貴重な追加点は嶋の四球のあとの茂木のタイムリー内安打だった。早めの交代も結果として良かったかもしれない。4番のペギーだけど、1打席、2打席とどちらも併殺に終わっていた。ポイントゲッターであるはずの4番が、恐怖の「併殺マシーン」と化していたわけだけど、岸で3点先行ということもあってか、4回から田中に代えた。デフェンス重視という見方もあるけれど、私には「併殺マシーン」を引っ込めた感じに見えた。何らかのアクシデントを心配するスポーツニュースもあったけど、それはないことを願いたい。

ただ、6回の田中のバント失敗、大振り三振を見たときは、(代えるなら)田中よりもオコエじゃなかったのか...、と思った。解説の山崎さんは、田中は自分の「役割」が分かっていないとコメントしていたけれど、そのとおりだと思った。もっと言えば、自分のセールスポイントが分かっていない。自分のセールスポイントを分かっていたならバントの練習は人一倍してて当然だと思うけど、あれではとてもしているとは思えない。それともCSの雰囲気に呑まれて練習の成果が出せなかったか。それに2ストライクからの大振りの三振も印象が悪い。先日の中川や内田のように振らずに三振というのは論外だけど、だからと言ってただ振ればいいというものでもない。なんか「思いっきりの良さ」と「頭を使うこと」が別物だと考えていないか。もっと相手の嫌がる野球をやろうよ、せめてやろうとしてみてよ、そんな感じだ。
...と思ったら、その田中が8回表に2ベース打っちゃった。あぁ、田中の大振りは当分続きそうだ...。ま、小さくまとまっちゃうよりはマシかw。

ペギーの交代も早かったけど、7回裏、岸から高梨へのスイッチも今までの梨田さんには珍しく早かった。前日のノリのことで「別格」に懲りたのかもしれない。というか、これが短期決戦の采配ということだろう。高梨は前日に(気楽な場面で)投げていたのが良かった。その意味では前日の展開が功を奏したと言えないこともない。7回から8回、福山が回跨ぎ。これも良かった。8回からハーマンが出てきたらどうしよう、内心ハラハラしていた。梨田さんは分かっているよ、やっぱり。

それにしても8回裏の中村、代打・栗山の連打、ライオンの勝負強さに改めて恐怖を感じた。敵ながらアッパレとしかいいようがない。9回もハラハラどきどきのイニングだった。この圧力はさすがにライオンだ。3点差はぜんぜんセーフティゾーンなんかじゃないんだなぁ。ま、松井裕がこの頃「絶対感」に欠けていることも原因ではあるんだが。
昨シーズンのミコライオの無頼なイメージが懐かしい。ミコの存在感の大きさを改めて実感。CSの間だけでいいから戻ってこないかなあw。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村