せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

器用貧乏...

源田選手のこと

NHKのスポーツニュースで14日から始まるCSファーストステージの特集をやっていた。パ・リーグはライオンの源田選手のことがとりあげられていた。彼はプロになってからコーチのアドバイスでバッティングフォームを変えたらしい。どんなふうに変えたかというと、「下半身を使って打つ」ようにしたのだそうだ。構えたときの後ろ側の足が深く曲げられ大地をしっかり踏みしめている今のフォームとスラリと立った感じの以前のフォームを画像で比較し紹介されていた。

社会人野球のころは腕だけで当てに行くことが多く、打球を転がし足で稼ぐスタイルだったと紹介されていたと思う。プロになってそれでは通用しないと分かり、しっかり下半身を使って打球を飛ばすフォームの改善に取り組んだそうだ。その結果、プロのボールを負けずに打ち返せるようになり、ルーキーイヤーの安打数はあの長嶋さんを超えた。おまけに社会人野球の頃には0だったホームランもプロになって3本打ったことも紹介された。

銀次選手のこと

このとき思い出したのがイーグルスの銀次選手のことだ。実は先日のゲームに後藤光尊さんが解説者で出ていたときに、「最近の銀次選手は手打ちになっているのが気になる。」「以前は下半身で打てていたのでボールの飛ぶ角度も違っていた」「ミートする能力が高いので(手打ちでも)ヒットにしてしまうから自分でも気がつかないのだろう」とまあ、そんなふうなことをコメントしていて、なるほど、まったくそのとおりだと思ったのだった。

銀次はCSで活躍してもらわないと困る選手のひとりだ。そして源田選手はCSの勝敗を左右するキーマンとなる選手のひとり。この2人の明暗が勝負を分けそうな気がする。そういう意味で、銀次にはぜひ初心を思い出してほしい。それから磯部コーチにはぜひ的確なアドバイスをお願いしたい。手先の器用さだけではライオンに、そして菊池雄星に太刀打ちできない。しっかり地に足をつけて向かって行ってほしい。銀次にはもっと(チャンスに)打ってもらわなくては...。

松井稼頭央さんのこと

イーグルスファンの間で最近最も衝撃的だった話題といえばこれだろう。
41歳松井稼頭央 楽天退団→移籍へ (東スポWeb) - Yahoo!ニュース
カズオさんが退団。そのままコーチとしてイーグルスにとどまれば話は別だけれど、本人は現役続行を望んでいるため移籍するのではないかというのだ。多くのファンの声は「本人がやりたいと言っているのだからやらせてやれよ」ではないかと思う。そのまま他所のチームに行かせていいのか、1年ぐらいやらせてみて、本人が限界を感じて辞めますというのを待ってやればいいじゃないか、たぶんそんな感じ。

まったく同感だ。三木谷さんが「梨田さんの次の監督候補としてカズオさんを考えている」というような内容の記事を読んだことがあったように記憶しているけど、ま、それはいくらなんでもないだろうと思うのが半分、「いずれはそうなってほしい」という気持ちも半分くらいあったりして、要するにカズオさんはイーグルスのレジェンドなんだ、他の選手のように簡単に戦力外とするのは違うだろうと言いたいわけだ。ロッテの井口さんのような展開が理想だなあ。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村