せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

ノリと藤田でガッチリ!

  • E2−0H

先発のノリが4年連続・奪三振王の記録をほぼ手中にし、15勝目をあげた。藤田の2ランで決めたゲームというのもCSに向けていい感じのゲームになったと思う。この2人はイーグルスを代表する「プロ中のプロ選手」、「いい感じ」の調整を本番でも出してくれると期待できるから...。

f:id:uesugi_rintaro:20171009060940j:plain
ヒロインの則本と藤田
ノリはライオンの菊池に奪三振3つビハインドで臨んだゲームだったけれど、最初から余裕を持って投げていた。いかにホークス打線とはいえ、ノリにとっての「(奪三振)4つ」は普通にいける数字で、マウンド上の表情にはプレッシャーの「ぷ」の字も感じなかった。早いイニングに達成できたのはも良かったですね。目標の倍、8つの三振を取って6回5安打無失点でマウンドを降りたけど、CS前のゲームとしては実に理想的なピッチング(調整)ができていたと思う(...と思いたいw)。

CS前のゲームがあと2つ。後半のゲーム消化が厳しいと言われていたけど、どちらもホームゲームだし、3位での進出も決まっているから調整しつつのゲーム運びでいいわけで。なんだかんだ言って、かなりいい感じの日程になっている気がする。

さて、調整ゲームでチャンスをもらえていたのが内田と西田なんだけど、悲しいかな、この2人のバッティングはハッキリ言って1軍のレベルにない。一本出れば変われるという話をときどき聞くけど、その可能性は内田にちょっと感じるだけで、西田は厳しいなあ。

(西田は)バッティングスタイルがコロコロ変わっている。で、なかなかいい感じのところに落ち着かない。進歩がないというか、逆に後退しているようにさえ見える。チャンスを与えれば与えるほど駄目駄目ぶりをアピールしちゃっている感じで、それでも使ってもらえるから不思議だ。ほかにもっと使えそうなのはいないのかな、真面目にそう思う。村林とか吉持とか、西田の3打席ぜんぶ三振とか見てて悔しくないのだろうか。ほんとに...。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村