せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

銀次、デッドボールで本当に良かったね...

  • E4−3M

3点ビハインドで迎えた9回裏。
先頭のオコエがライト前ヒットで出塁。次の岡島がしぶとく四球を選び0アウト1、2塁。そして藤田さんが相変わらずの勝負強さでタイムリー、1点返した。なお、0アウトのまま1、3塁。ここでアマダーがセンターへタイムリー2点めを返した。相手ピッチャーは石川から松永へスイッチするも続くペギーがまたまたタイムリーで3点め、同点にした。

なおも0アウトのまま、ランナーは1、2塁だ。次の中川がバント失敗するもペギーのナイスランで1アウト1、3塁としてウィーラー。で、そのウィーラーは敬遠された。ここで打順が回ってきたのが我らが

ゲッツーマン銀次だ。

銀次のこの前の打席は、8回裏、0アウト1、2塁のチャンスでだった。案の定、ピッチャーライナーでゲッツー。もはや疫病神と化していた銀次だったけれど、9回裏のサヨナラの場面でも打順が回ってきた。しかも1アウト。ゲッツーマンのところには、不思議と絶対にゲッツーになってほしくないという場面で打順が回ってくる。(というか、相手にしてみれば「回している」わけだ。)野球ってすごくすごく残酷...。

銀次は、ここでゲッツーになったら正真正銘、本物の疫病神になるところだった。ロッテ・バッテリーだってウィーラーを歩かせたのはそういう計算があってのことだったはず。ところが相手がゲッツーマンだったことで、松永はかえって力んでしまった。実に人間らしい。まさかまさかのサヨナラデットボールでゲームセットとなった。銀次は痛かったろうけど、同時にすごーくホッとしたろう。

うずくまった後の1塁への快走がそれをよく表していた。“喜び勇んで”とはまさにこの走りのことを言うのだろうw。デッドボールで本当に良かったね、銀次...。

ノリは初回たった4球で1失点、相性の悪い大地にも打たれ2失点め。ノリの悪いときの立ち上がりだった。で、味方が相手先発の石川にノーノーに抑えられている間に更に1失点、3点ビハインドのまま9回を投げきった。さすがに野球の神様も気の毒に思ったか、9回139球の熱投のお返しに9回裏の逆転劇(13勝め)をプレゼントした。

与田さんの言うとおりに8回で降板していたら、このプレゼントはなかった。野球ってすごく不思議だ。

で、ヒロインは銀次とノリだったけれど、打のヒーローはやっぱりオコエだし、藤田だろう。この2人が勝利のきっかけを作る福の神になっている。そして再び銀次、疫病神が今回のデッドボールで身体から追い払われたと思いたい。銀次のコメントが実感こもってた。

「痛いけど、めちゃくちゃうれしいです」

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村