せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

ライオン叩きは鷹に任せた...

  • E13−5M

ホークス優勝

ホークスが優勝を決めた。ちょっと前まで首位決戦の相手だったと思うと実に不思議。梨田さんもコメントしていたけど、やっぱり力の差、選手層の厚さの違いは歴然だったと思う。しかもライオンの目の前で胴上げ、今のイーグルスにとっては夢のまた夢の光景だ。

ま、イーグルスの当面の敵はライオンなので、ホークスの優勝などはどうでもよくて、ライオンが負けたことだけを喜びたい。もっといえば、ホークスには優勝に浮かれるのをもう少し先にしてもらい、ライオンとのこのカードにしっかり集中してほしい、そして是非3タテで締めくくってほしい。がんばれホークス!!w...って、やっぱりこうなっていた。↓

2桁得点

で、昨日のイーグルス。久々に2桁得点となった。先発の辛島は相変わらず「ホームの壁」で5回途中、86球10安打4失点で降板した。8−2のリードで迎えた勝利投手の掛かった5回だったけれど、ペーニャの2ランが飛び出したところで梨田さんがたまらずベンチを飛び出した格好だ。

先発はダメダメでも、今回は攻撃陣が頑張った。2回の猛攻7得点はすごかった。アマダーとウィーラーの約1ヶ月ぶりのホームラン、しかもどちらも3ラン。3ランになったということは他のバッターもしっかり繋いでいたということで、イーグルス打線、これが復活の狼煙であってほしい。

f:id:uesugi_rintaro:20170916210313j:plain
ウィーラー27号3ラン、約1ヶ月ぶりのホームラン...

で、6得点を超える7点を次の第2戦に繰り越せたらどんなにいいか、そんなことを考えていたw。

注目の選手たち

勝ち星のついた西宮は今回も結果を出してヒロイン。投げる瞬間に首を振ってホームから一瞬目を切る独特のフォームと荒れ球が持ち味。この人も気分で投げるタイプ、結果が続けば以前のような戦力になり得る。

そして9回はプロ3年目の小野が締めくくった。今シーズン初マウンドということもあってか、球速は出ているけど制球にバラツキがある。落ち着けば使えるだろうか。制球をつけられそうなフォームじゃないので、気持ちの微妙な変化で四球が多くなりそう。点差がない場面では使いづらいと見たが次の登板に期待...。

ハーマンはいつの間にか必勝リレーのメンバーからはずれているけど、これは正しい。青山と同様で、持っている力はもともと一線級だから、緊迫した場面でさえなければ、そこそこ使える。

ピンチメーカー

最後に嶋へのお願い。2塁送球は無理にすることない。2塁で刺すための送球が逆にランナーを3塁へ進めるための送球になっている。ピッチャーを助けるのがキャッチャーなのに、(ピンチに)追い込んでどうするの...、そんな感じ。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村