せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

三木谷さんの思う壺...

プロの洗礼?

6回の藤平、大きく外へ抜けるボールがあった。それまでは見られなかったシーンだ。100球を超えた難しいタイミングだった。だけど、それまでライオン相手に何回かあったピンチを見事に切り抜けていた。そのピンチングが見事だった分、代え時が遅れたかな、6回は最初から高梨だったかな、そんな感じだ。

まだ余裕のあったころの梨田さんならきっと代えていたんじゃないかと思う。その梨田さんの判断をも鈍らせるくらい、藤平のピッチングは素晴らしかった。

「プロの洗礼」と言うのは簡単だけど、藤平はもはやそんな段階のピッチャーではない。デビュー戦というのならまだしも、もはや立派なローテpとして使うと決めたのだから、代え時は慎重にすべきだった。いい感じを持ったまま代えてやりたかった。

そうすれば次も期待以上の活躍をしてくれるピッチャーだったと思う。やっぱり「プロの洗礼」というよりは、「采配ミスの洗礼」を受けてしまった、そんな印象だ。

代え時

8回表に森原をあてた起用も同じ失敗を繰り返してるなあという感じ。そのあとにマウンドへ送った西宮をなぜ最初から出さなかったか。各選手の性格や得意、不得意を考慮した采配が梨田さんの持ち味だけど、悪く言うと「先入観」がその日のブルペンでの出来よりも優先してしまっているのではないか、そんな気がする。

ま、なんだかんだいってもライオンの各バッターとイーグルスの各バッターではスイングの強さが違うし、粘っこさが違うし、勝負強さというか簡単に凡退しないしぶとさが違う。実況のアナウンサーの表現にも明らかな違いがあって、例えば、...

ライオン:強い当たり、イーグルス:詰まった当たり
ライオン:しぶとい当たり、イーグルス:打たされた当たり...みたいなw。

そんなライオン打線を藤平が必死に抑えて、せっかく3−1と2点リードになったのだから、もっと丁寧にゲームを運んでほしかった。何度も言うけど、高梨を出すなら6回の初めからで良かったし、西宮を出すなら8回の初めからだった。

梨田の傾向

悲しいかな、「新しい可能性」よりも「過去の実績(先入観)」を優先してしまう。「新しい可能性」を使い続けるよりも「過去の実績(先入観)」で使い続けてしまう。一度沈むとなかなか浮上できないのは、この傾向が影響しているような気がしてならない。ま、この傾向が、先入観の精度の高さが、「梨田マジック」の原点なのだろう。

このごろ、ネット上で梨田さんに対する厳しいコメントをよく見かける。こんなゲームをやっていたら益々増えてきそうだ。三木谷さんの思う壺だ。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村