せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

打撃コーチ

【楽天】大谷対戦の心得3か条 池山、礒部両コーチが秘策! (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

楽天池山隆寛チーフコーチ(51)と礒部公一打撃コーチ(43)が11日、「大谷対戦の心得3か条」を提唱した。12日の日本ハム戦(札幌D)では今季初めて大谷と対戦。最速165キロ右腕攻略へ、2人のブレーンが策を練った。

 〈1〉早打ち厳禁 「球数は頭に入れないといけない」と池山コーチ。大谷は80球を目安とした球数制限がかけられる見込みとあって、球数が増えれば早くマウンドから降ろすことが出来る。礒部コーチも「球は速いけど、制球はアバウトな所がある。しっかり見極めて、粘って球数を投げさせたい」と分析した

 〈2〉スモールベースボール 外国人3人を中心に長打力のある打者が並ぶが、礒部コーチは「小技も使わないといけないと思うし、『バットは少し短く持とう』と言おうと思う」。犠打や盗塁、エンドランなどを駆使して揺さぶっていく。

 〈3〉雄星対策も 池山コーチは「左右の違いがあるとは言え、菊池対策にもなるかも知れない」と期待した。2日後の14日には昨季から9連敗中の菊池(西武)と対戦予定。ともに速球が持ち味とあって、天敵撃退へのヒントをつかもうとも模索している。

 それでも両コーチは「簡単に打つのは難しい」と口を揃える。2位西武とは1ゲーム差。2位浮上へ向けて、あの手この手を打って二刀流男を攻略していく考えだ。(安藤 宏太)

秘策というから、どんな内容かと思って読んだけど、実にシンプルだね。リトルリーグのコーチが出す指示のようだよw。これが秘策になるのだから(これだけの指示で対応しろというのだから)、さすがプロ、と言えばいいのか。秘策を公開するはずないからこの程度なのだ(実際はもっと緻密な指示、作戦がだされている?)、と解釈すればいいのか。

先日の朝刊に磯部コーチのこんなコメントが載っていた。
f:id:uesugi_rintaro:20170912062341j:plain
その「いきおい」に乗せていくのがアンタの役目だろ!と、まあ、そんな思いで読んだものだw。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村