せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

足立がヤキモチ焼くんじゃないか...

  • E2−1Bs

ライオンも勝っちゃった

カード勝越しはできなかったけど、とりあえずノリで連敗が止まったので良かった。ホームでの勝ち星はちょうど1ヶ月ぶりらしい。随分と勝っていなかったものだと呆れる一方で、コボスタに毎回詰めかけるイーグルスファンの多さに改めて感心した。熱いよイーグルスファンは...。そして温かいね。

テレビ中継の解説はイーグルスの初代和製大砲の山崎武司さんだった。その山崎さんとアナウンサがライオンもイーグルスと一緒に負けているからゲーム差が開かず助かっているみたいなことを言っていたけれど、それは大きな間違いで、「ライオンが負けているのに、そこで一緒に負けているイーグルスが情けない。」が正しいと思う。で、イーグルスがようやく勝ったと思ったら、ライオンも勝ったのでゲーム差変わらず3位のままだw。あぁ、悔しいったらありゃしない。

ノリと嶋

さて、ヒロインはノリと嶋の2人だった。久しぶりのバッテリー、しかもホーム連敗をストップさせた。で、その決勝打を嶋が打った...。2人とも嬉しそうだったね。ノリのコメントの滑らかなこと...。

「お待たせしました。とりあえず勝てて良かった。皆さん見ていた通り、情けないピッチングの中で、嶋さんの好リードのお陰で何とかチームを勝たせることができて良かった」

イーグルスファンの間では厳しいコメントも多い嶋のリードなんだけど、当のピッチャーにベタ褒めされているのだから、何も言うことはなくなる。傍からどうのこうの言ったところで、2人が好きあっているなら放っておけ、...ってまるで姑にでもなったような変な感覚だw。

ま、仮に嶋へのリップサービスという面があったにしても、それで嶋の機嫌が良くなって、チームの雰囲気が良くなるとか、いずれプラスになるのだとすれば、それに越したことはないわけで。キャプテン嶋のチームでの存在感の大きさを再確認したゲームになってしまったw。

f:id:uesugi_rintaro:20170910193256j:plain
「嶋さんの好リードのお陰...」ヒロインの則本と嶋

モギーのこと

茂木は昨日のゲームでもぜんぜん打ててなかった。ボールをミートできていない(芯で捉えられていない)、上とか下をかすっているような当たりばかりだ。自分がイメージしているスイングと実際のスイングの軌道が合っていないんだよね、たぶん。

肘の故障をかばうことからくる身体の歪みのせいじゃないかと素人診断ながら心配している。このまま使っていて良いことあるんだろうか。歪んだ身体のままスイングを修正していくって、後が怖くないか...。

隣の芝生は青い

他所の球団を見ていると、初めてみる若手が何人か混じっていたりするんだけど、イーグルスの顔ぶれはほとんど変わらず。銀次やアマダーを少し休ませたい。彼らを休ませられる若手(交代要因)は出てこないのか。で、若手を使える監督は出てこないのか...とまあ、そんな展開になっているのが今だ。梨田がんばれ、と言いたいw。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。よろしくw
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村