せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

これが辛島だよねえ

  • E3−5Bs

いい意味でも悪い意味でも期待を裏切るのが辛島...みたいなw。

初回の4失点が痛かった。
先発の辛島にとってバファローズ戦は相性のいいゲームのはずなんだけど、なぜかこういう立ち上がりになる。辛島は今シーズンまだホームでの勝利がないそうだ。だからというわけではないかもしれないけど、岸の連敗といい、美馬の10勝の壁といい、最近のイーグルスは自分で勝手に「壁」を作って、そこでもがいているようなイメージがある。

初回にいきなり4失点というのは、今のイーグルスにとってはプレーボールと同時に「負けゲーム」を宣告されたようなもの。シーズン前半のイーグルスなら「まだ初回だから...」と以降の反撃に期待を持って応援できたけど、今のイーグルスに期待できる得点はせいぜい「2点」だから、4失点からこの先9イニングのゲーム展開を見守るのは苦行以外の何ものでもない。

それでも、その後は1失点に抑えて、味方も3点取って追い上げたわけだから、いくらかマシになってきたと喜ぶべきか。ただ、あと2点が遠かった。

チャンスは何回かあった。で、なぜかそのチャンスが毎回、茂木とアマダーのところに回っていた。アマダーはそのうちの1回を得点に結びつけたけど、茂木は全部ダメだった。チャンスでことごとくフライにしていたから何も起きない。2年目のなんとかが今頃来ている感じだな。

7回の1アウト2、3塁の場面と9回の1アウト満塁の場面で茂木かアマダーのどちらかでもいいから1本打っていれば、展開はかなり違っていたはず。だからといって「なんで茂木やアマダーのところにチャンスが回ってくるんだよ」と嘆いても始まらない。もともと2番、3番にチャンスが回ってくるのは、そういう役どころ(順番)だからしょうがないわけで、そこに勝負強いバッターを安定的に置けないところが今のイーグルスの弱みなんだと思う。

先発ピッチャーがしてはいけないことはいくつかあると思うけど、その一番は、やっぱり初回の大量失点だろう。攻撃の出鼻を挫く最悪のピッチングだ。なので、昨日のゲームだけを見ると辛島の初回4失点が敗因だったと思う。

ただ、今のイーグルスというか、この先のイーグルスのことを考えると、茂木の起用法の方が大きな問題だという気がした。ちょうどハムの大谷のような起用法なんだけど、どっちつかずにならなければいいがと心配だ。

それからアマダーの打順も。打順をコロコロ変えても解決しそうにないのは、絶対的に役者が不足しているからなんだけど、役者が出てこない戦略になっているという気がしないでもない。選手の起用法、若手の起用法、課題はいろいろありそうだ。次の監督はカズオさん、なんて話題も出始めたようだ。こんな話題が出てくるのも「梨田イーグルス」の強さに綻びが出てきた証だ。

日本シリーズに出ないことにはこの綻びは補修できそうにない。で、このことがまた選手たちの「壁」を増やすことになりそうで心配なんだなあ...。

最後に嶋、サイドスローで2塁送球というのをときどき見るけど、シュート回転するから野手が取りづらそう。というか、そもそもサイドスローの2塁送球で刺せるのか、疑問。投げるだけ無駄。現にたいがいボールが流れて悪送球になってる。送球は外野へ、走者は3塁へ...って、キャッチャーが守備でピンチメイクしてどうするの。そんな感じだ。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。がんばります。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村