せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

打てない、守れない野手がバックではwエースでも勝てないよ。

  • E4−5F

リーグ最弱の状況

3位ライオンとのカードに3タテ、首位ホークスとカードにも3タテ、最下位・ロッテとのカード初戦で勝って流れを変えたかに見えたけど、連敗で負け越し、で、5位ハムとのカードではカード2戦、しかもwエースを立てて早くも負け越しを決めてしまった。おいおい...。今、リーグ一弱いチームになってるんじゃないか。

先発ノリは気の毒だった。

先発はエース則本。前日のエース岸で負けているので、ここで落とせば、前回のホークス戦に続いての「2カード連続『wエースで連敗』」ということになる。「wカード連続「wエースでの連敗」なんて笑えない。

ここは絶対に落とせない、そんな気負いがあったのか、はたまた自らの初回大量失点の悪い癖を気にしてか、かなり慎重な入り方に見えた。あまりに意識しすぎたせいもあると思う、「思いは実現する」というけど、案の定、いきなり3失点でスタートとなった。「則本といえども立ち上がりは難しい」はときどき実況アナから聞くフレーズだけど、いい加減ピシッと調整してからマウンドへ上がれよと毎回思う。

ただ、今回のノリの初回失点は味方に揺さぶりを掛けられた感じで、正直、ちょっと気の毒な面もあった。
味方の揺さぶり1:ファーストゴロに打ち取った先頭打者・西川の当たりを銀次が取ってベースカバーに入った則本へトス、この連携が上手くいかずに内安打。次の松本にはセンター前に運ばれ0アウト1、2塁。次の絶好調・大谷にもタイムリーを打たれ1失点だ。
味方の揺さぶり2:4番中田のショートゴロを茂木がトンネル、ゲッツーどころか2点目を献上。で、次のバッターがセカンドゴロの間に3点目、まったく気の毒な失点だった。

しかし、その裏にすぐに3点取り返した。これは運が良かったと思う。ノリが切れる前に振り出しに戻せたので、俄然、見る側の気持ちは落ち着いた。初回から3点ビハインドで今のイーグルスのゲームを見続けるのは地獄の苦行に近いものがあるから。

で、回を追うごとに調子を上げてきたかに見えた則本だったけど、5回表の2失点で勝敗は決まった。例によって西川、松本に上手く打たれて1失点、それからまたもや茂木が中田のショートゴロを1塁へ悪送球して1失点、計2失点。

今回の則本はハムの1、2番に前方から攻められ、味方の茂木に後方から攻められて撃沈、そんな感じだw。8回144球はエースの意地を見た感じだけど、結局はエースに敗戦処理をさせているわけで、なんとも情けないチーム状況だと思う。

オコエと茂木のこと

2回裏のオコエが素晴らしかった。キャッチャー前のボテボテゴロを内安打にしたかと思えば、すぐに盗塁を決めた。元気のないイーグルスナインの中でオコエだけは自分のプレーに集中できている感じ。彼の合理的な考え方からくる行動は時に批判もあるけれど、周りが落ち込んでいる状況にも影響されない強さがある。

で、次の茂木が三振、オコエに続けず。初回のトンネルといい、茂木がちょっと冴えない。9回にオコエのホームランで1点差まで追い上げるが、次の茂木がまたもや三振。好対照の2人を見ていると、前半のイーグルス(オコエ)と今のイーグルス(茂木)を見ているようで複雑な心境だ。

気になった選手の気になったプレー

西田

西田しかいないの?、そんな感じ。守備の人という感じではないからバッティングに期待しての起用だと思うんだけど、打席での構えがいろいろ変わるわりに、タイミングの取り方は一緒でまったく合ってない感じ。ファウルにすることもできないから見逃すか空振りか、それが西田のイメージ。飛ばす力はあるんだろうけど(それも当たったのを見てないから疑問w)、バットに当てるセンス(対応力)はほとんど進歩していない。西田のヒットを見たのはいつだったろう、そんな感覚だ。いずれ三好が藤田の後継ということだと思うけど、打てない西田を使うくらいなら他の若い野手にもチャンスをやってほしい。吉持はどうしたろう...。

銀次

疲れているのかなあ。ぜんぜん使えない感じ。
5回裏に先頭打者のウィーラーが出塁するけど、銀次は三球三振。9回のチャンスでもかろうじて四球を選ぶといった感じで銀次がランナーを還すという展開はほとんど望めない状態だ。今や攻撃のブレーキになっている。
守備もなあ、もともと守備の人じゃないかからあまり期待するのもなんだけど、ピッチャーとの連携プレーくらいしっかりやってほしい。5回表の茂木のワンバウンド悪送球も普通のファーストなら捕っていたから実質ファーストエラーだし、ベースを離れて捕って1塁踏んでも十分間に合うタイミングに見えた。機転の利かないところも銀次らしい...。

則本

5回表に茂木のエラーで2失点するんだけど、ノリが茂木をかばうような仕草を見せるシーンがあった。だけど、そのあとのレアード、太田と連続四球(しかもストレートの四球)で満塁にしてしまう。表面では平気を装いながら、明らかに動揺していたし、切れていた。マー君なんかはここからスイッチを切り替えて三振にするか凡打にしていたから野手からの信頼がものすごく厚かったイメージがある。そのマー君も呼ばれなかった「奪三振王」の異名をとるノリがそれができない。逆に動揺を隠せずに野手を萎縮させて流れを悪くするパターン。ま、今回は切り抜けたので結果オーライだけどw。

足立

足立が目標としているキャッチャーは打てる捕手の代表格であるところの城島だったと思うけど、目標としている割にはバッティングに進歩がない。チャンスに打席が回ってくると「あぁ〜」とテンションがだだ下がりなのがつらい。毎回打てとは言わない、ホークスの甲斐のような勝負強さを見せてほしい。「せめて嶋だったらなあ」と思わせるところがもう少しだな。

アマダー

3打席で打ち止めという結果だった。チャンスで回ってきても「なんかしてくれそうな感」がオコエよりも薄いのは淋しいw。イーグスファンがそう思うくらいだから、相手ピッチャーもピンチでそれほどの恐怖を感じていないのではないか、そんな気がする。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。がんばります。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村