せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

藤平が救世主に...

  • M2−6E

記者:今日がプロ3度目の登板でしたが、過去2回を踏まえて今日はどんな気持ちでマウンドに上がったのでしょうか。
藤平選手:今日はもう点数を1点も与えないという気持ちで、チームの連敗というのも続いていたので自分が止めようという気持ちで、強い気持ちを持って行きました。

先週、2位イーグルスは首位ホークスと3位ライオンズとの大事な6連戦で1勝もできなかった。最悪の6連敗のあとの再スタートのゲームを託された高卒ルーキーはいったいどんな気持ちで投げるんだろう、どんなピッチングを見せてくれるんだろう、そこに一番興味があった。

投げているボールの威力、嶋の構えたところにしっかり制球されたボールも良かったけど、何よりも落ち着いたマウンドさばきに驚いた。3度めの1軍マウンドの立ち上がりに落ち着こうとすることに汲々としている様子などまったくない。一球、一球相手打者に集中していた。

ときどき大きくはずれるボールもあったけど、すぐにカウントを整えていたから、いつもどおりのピッチングが出来ていたのだと思う。ポテンシャルの高さはもともと定評があったわけで、これに「気持ちの強さ」も持ち合わせているとなれば、もう鬼に金棒だ。

5回2安打無失点、7奪三振はすばらしい。球数98球はやや多めだけど、四死球が1というのが光る。見事なピッチングだった。安楽が入団したときは彼こそがマー君2世と期待したけれど、藤平の今回のピッチングを見たら、こっちの方がよりマー君に近い感じだね。

救世主の登場に攻撃陣も息を吹き返した、そんな展開になった。コラレスの起用で急降下のイーグルスだったけど、藤平の起用で墜落は免れた。ここから急上昇、軌道修正と行きたい。

「ほらよ...。」
帰ってきた松井裕がウィニングボールを初勝利の藤平に渡すシーン。これで藤平も勝ちパターンの仲間入りだw。
f:id:uesugi_rintaro:20170823060220j:plain

▼応援クリックがブログ更新の励みです。がんばります。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村