せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

岸だって人間だもの...

  • Bs8−4E

岸が先発なので、下手なゲームにはならないはずだったけれど、蓋を開けてみれば結果は大敗だ。精密機械と異名をとるほどの制球を誇る岸が2回裏に連続四球でまさかの押し出しだった。岸でもこういうことがあるか…、さすがに嫌な予感がした。岸には珍しく制球に苦しんでいたし、審判のジャッジもかなり辛かった。

岸のこと

2回裏を1失点で切り抜けたのは岸だからこそだったと思うが、今回の岸はここまでが精一杯だった。3回表には味方が逆転してくれたけれど、4回裏にマレーロの2ランを含むバファローズの猛攻で5失点とまったく岸らしくないピッチングでゲームをほぼ決めてしまった。6回6失点で降板、6失点は今季ワーストだ。

降板後の岸のコメント。
「初回から良くなかったです。良かったのは五回と六回くらいですね。余計なミスが多すぎました」

どんなに調子が悪くても悪いなりにゲームを作る(壊さない)岸なんだけど、今回は珍しくゲームを作れなかった。もっと言えば、ゲームを壊してしまった。

降板後に「余計なミスが多すぎました。」とコメントしているから、ボールをコントロールできなかっただけではなかったのかもしれない。いつもなら悪いなりにかわしたり、すかしたりしながらアウトカウントを取っていたはずだから、そんな展開に出来なかった細かいミス(岸のレベルでないと分からない。)を犯していたということだ。

ここはノリや美馬だけでなく、とうとう岸にも登板間隔を空けてやる時期が来たか、そんな感じだ。

ノリのこと

さて、今日はノリが先発。登板間隔を空け、満を持しての登板だ。ここは圧巻のピッチングを見せてほしい。というか、見せなければならない。
岸で負けて、ノリで負けるわけにはいかないのだな。ノリが一番感じていることだと思う。

で、こういう「お前だけが頼り」というような浪花節的な展開だと意外とまともなピッチングをするイメージがノリにはあるから今日は期待していいと思うw。

ノリのことを「肝心なゲームではいつも裏切る。」と、これまで散々こき下ろしてきたけれど、今日のゲームの状況はいつも言うところの「肝心なゲーム」とも微妙に違う。この微妙な違いがノリの本質だ。分かる人にはわかるw。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。がんばります。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村