せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

藤平は別格

  • E1−3M

藤平のこと

藤平はいいねえ。しっかりゲームを作っていたし、バッターにもちゃんと向かって行ってた。
落ち着いたマウンドさばきで周りの状況も見えていた感じだった。
解説の川崎さんもコメントしていたようにランナーに簡単に走られていたのは気になったけど、6回4安打2失点は立派だ。合格点をあげていい。

彼と他の若手投手(例えば森雄大とか古川とか)との違いは、フルカウントになっても投げるボールに動揺がないことだろうか。しっかりストライクが取れていたし、変化球も抜けずに投げられていた。

特に印象に残っているのが6回2アウト2、3塁で角中にタイムリーを打たれ2点目を献上したあとの根元との対戦だ。できれば根元を三振にしたい場面だったが、彼はそれをやってのけた。

あの場面でストライク先行のピッチングも素晴らしいと思ったけど、粘る根元にフルカウントにされたあとのピッチングがまた良かった。低めへのフォークをしっかり投げきって見事三振にとったのだ。そして次の中村もショートゴロに打ち取り1失点でこの回を投げきった。

高めのボールで空振りを取るシーンが多かった。「切れ」というより「球威」を感じさせるボールが実に魅力的だし、ボールの威力以上にメンタルのタフさが頼もしいと思った。

6回のあの展開の中で途中で代えられる雰囲気がまったくなかった。他の若手投手なら途中で交代だった。藤平は歴代ドラ1ルーキー投手の中でも「別格」の素材に違いない。マー君とほぼ「同格」かなw。

オコエのこと

オコエも目立っていた。
最初の打席でいきなりライト前へヒット。その後、すぐに二盗を決めたかと思えば、相手キャッチャーの悪送球の間に更に3塁へ。ライト前ヒットでたちまち3塁は、オコエならではのプレーだね。これでもかー、というくらいのアピール。

8回の得点もチャンスメイクしたのはオコエだった。開幕前からいろいろなことがあったけど、チャンスを与えられた途端にしっかり結果を出しているところに天分のようなものを感じる。枡田や中川にはないセンスを思う。

ついでに...

リアル首位攻防戦は、ライオンがホークスに6−1で勝利し2勝1敗としたようだ。つまり、今パ・リーグで一番強いチームは「ライオンさんチーム」ということだw。

次の対「ライオンさん」は8月15日から。それまでに何人の犬鷲戦士が復帰しているか、それが問題だ。

ホーム初登板の藤平くんのコメントに「ファンの皆さんの声援がすごく力になりましたし、投げやすかったです。」というのがあった。これは応援タオルを買って次も応援しなきゃ...。阿部ちゃんのより500円高いのが気になるw。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。よろしく。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村