せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

連勝中のライオンは手がつけられない...

  • L8−0E

ライオンの9連勝は伊達じゃなかった。
ライオンズ戦は辛島でガッチリ!のはずが、辛島クラスのピッチャーではとてもとても太刀打ちできないくらい、ライオンは調子を上げていることがよーくわかった。秋山→源田→浅村→中村→栗山...って、メヒアの入る余地がないくらい調子が良いってことみたいだから、もはや、侍jも真っ青の強力打線だ。

そこへ持ってきて先発の十亀にいい感じで投げられるは、秋山、金子といった野手に随所でファインプレーを見せられるはで、手負いの犬鷲と(9)連勝中のライオンの力差がハッキリ出てしまった...。

辛島のこと

今のライオン打線を5回までに3失点なら辛島はナイスピッチングの部類に入れていいだろうと思って見ていた。長打を打たれるシーンが多かったね。辛島の球威では高めのボールは禁物なんだけど、ライオンはその高めをことごとく長打にしていたし、ときどき低めも長打にしちゃうから手がつけられない。

6回、ひとつもアウトを取れずに満塁となったところで辛島は降板。0アウト1、2塁でバッター栗山のバント処理を3塁へ送球したらこれがセーフで満塁となったわけだけど、辛島の3塁への送球は想像以上に遅かった。辛島自身3塁で刺せるとふんで送球したわけで、あの段階ですでに自分のイメージしたボールが投げられていなかった。身体的に限界だったと思う。

菅原のこと

スイッチした菅原。0アウト満塁の場面はさすがに荷が重かったかな。ボールを置きにいかない投げっぷりの良さがこの人の長所のはずなんだけど、「押し出し」×2とピッチャーゴロのホーム送球エラー(これをゲッツーにできなかったのが痛かった...。)とタイムリー2ベースと犠牲フライで5失点だ。

ピッチャーは信頼を得られるような実績を積めば積むほど、それを裏切ってはいけないと逆にプレッシャーの量は嵩むんだろう、きっと。今回の菅原は明らかに地に足がついてなかった。それがピッチャーゴロの処理ミスという最悪の形で現れてしまった。3−0からいきなり8−0に。菅原はこの体験を肥やしにできるだろうか。肥やしに出来れば良し、トラウマになればこの先使えない。

青山のこと

このところ安定している青山。今回もゲーム展開など「どこ吹く風」の雰囲気でナイスピッチング。点差の開いた状況での落ち着きなのか、谷底から這い上がってきた本物の強さなのか、今のところまだわからない。でも、なんか不思議なモノを見ている感じ。

キャッチャーのこと

ライオンのキャッチャー岡田が目立っていた。フルスイングの感じがホークスの甲斐くんに似ている。先頭集団を走る3チームのうち、イーグルス以外の2チームには生きのいいキャッチャーが誕生している。イーグルスは嶋頼みのままでいいのか。そんなことが気になった。

次のこと

カード2戦は則本が先発。一応、イーグルスの第一エースということになっているのでここは勝ちたい。次の次に菊池雄星と当たるらしいので、なおさら勝ちたい。どうしても勝ちたい。

で、こういうときに力を発揮できるのがノリだし、力を余計に出しすぎて序盤で大量失点というのもノリだ。どっちにもなれるノリだけど、今回ばかりは良いノリであってほしいw。祈るばかり。

ホークスは最終回に3点差を返して同点に。さすがに簡単には負けないホークス(最後は負けたみたい。)。今一番強いのはホークスかライオンか。できれば、今のライオンをホークスに当てたかった...w。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。よろしく。。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村