せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

トムの猛アピール

  • Bs11−5E

先発の塩見はいい感じで投げていたんだけどなあ。5回表、先頭のt岡田を内野ゴロでアウトにしたまでは良かったけど、次の大城、伊藤に連続ヒットを許し、前の打席でホームランを打たれた吉田を四球で歩かせ満塁にしたところで戸村に代えられた。

梨田さんは結果よりも、ピッチャーがバッターと勝負していたかどうか、勝負できる精神状態だったかどうか、そんなところを大事にしている(よく見ている)監督だと思うけれど、塩見の吉田への攻めは、「勝負できていない」と見たのだろう。腕が振れていないから外角へのストレートのあとの変化球が2球続けて明らかなボールとなった。ここが岸なんかと違うところ。

塩見からスイッチした戸村もいけない。同点で満塁という場面は戸村には背負いきれない。これが塩見に突然のアクシデントか何かがあってのいきなりのスイッチだったらまだしも、おそらく「次はトム行くぞ、任せたぞ...。」とそれなりに準備をさせての登板だったと思うから、もはや戸村の使用方法を完全に誤った起用だった。

案の定、満塁のランナーを小出しに失点したかと思えば、四球で一人加えてからの3ランで一挙5失点という念の入れよう。「ボクの使用法を誤るととんでもないことになりますよ...。」戸村自身の猛アピールだった...。

それでも今季のイーグルスには5点差からでも反撃してゲームを修正していく強さある。7回表には2手差まで追い上げて8回、9回の攻撃に期待という展開まで持っていく。ただ、7回裏の金刃の起用がまたまた裏目に出てしまった。死球、四球、四球(間にアウト2つ)で満塁ホームランは悪夢。でもなあ、金刃はあれが限界だろう。四死球3つは多いけど、打った中島がやっぱりすごい。

怪我人続出で贅沢は言ってられない。戸村、青山、金刃をどう上手く使うか。
沈黙シリーズ」でスティーブン・セガール演じる主人公が日常品を武器に加工し敵をやっつけピンチを切り抜ける展開が大好きだけど、梨田さんにも同じような展開を期待したいなあ。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村