せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

またまた島内、またまたアマダー

  • E3−2Bs

今回こそはダメだろうと思った。2点リードされて迎えたゲーム後半、相手の先発・西は尻上がりに良くなっていた。このまま完封負けもあるな...、そんな流れになっていた。
一足早くホークスの敗戦が分かっていたので、今回こそは勝ちたいと思いつつも、敗戦濃厚なゲーム展開に、ま、ホークスも負けたことだし良しとするか...、などと思ったりもしていた。

釜田のこと

イーグルスの先発は釜田。順番からいけばノリが登板するはずだったけれど、梨田監督は次のホークス戦にノリを回して岸とのwエースで迎え撃つ作戦に出た。ノリの代役に釜田なら悪くない。相手は西だし、いい勝負するだろうと思っていた。

ところがだ。釜田の立ち上がりは登板間隔が空き過ぎて肩が軽くなった投手のそれで、球威はあるけど制球がなかなか安定しない。3回まで毎回ランナーを背負う苦しいピッチング。ぎりぎりのところでピンチを切り抜けていたけれど、野球の神様も4回にはとうとう見放した。
4回表。先頭のロメロをボテボテのショートゴロで塁に出すと、次の中島にはストレートの四球。で、迎えるバッターはt岡田。で、このt岡田をピッチャーゴロに打ち取ったのはいいが、釜田はこれを2塁へ悪送球、野球の神様が見放したのではなく、釜田が手放してしまった。これであっさり1失点。続く安達にもタイムリーを打たれ、この回2失点と先制された。

釜田らしくないと言えば釜田らしくないけど、釜田らしいと言えば釜田らしいと言えなくもない。釜田は決して自滅型ピッチャーではないと思っているけど、ときどきチョンボをするイメージはあるw。今回は実戦感覚から遠ざかっていた影響が出てしまったかな、本当に初歩的な連携プレーのミス、エラーだった。釜田はこういう大味なところを修正できればもう一段階レベルアップできると思う。

アクシデント続発(ペゲーロ、岡島)、値千金の2人(今江、島内)

で、しばらくこの先制点が重くのしかかる。相手先発の西は好き放題のピッチングで、これが尻上がりに調子に乗ってくるし、味方野手の守りもどこか疲れの見える動きの鈍さに加え、盗塁しようとしたペゲーロが足を痛めて途中退場したかと思えば、8回表の守備で岡島がファールフライを捕球しようとして負傷しこれまた退場となる。アクシデント続発の嫌な展開だった。

まさに嫌なゲームの流れとなって8回裏を迎えたけれど、ここで先頭の今江がセンターへヒットを打つと代打の松井稼、西田と凡退し、2アウトで回った1番・島内がまさかまさかの同点2ランを放った。前日のゲームと同様に今江が生きた。それからカード初戦でサヨナラサヨナラタイムリーを打った島内がまたまた値千金のホームランだ。カードごとにヒーローが出て来るのは優勝チームによくある現象、イーグルスはまさにこのパターンにはまりつつあるね。

アマダーと久保

で、9回表はベテラン久保がピシャリと3凡で抑えると、その裏に前日のヒーロー・アマダーがこれまたサヨナラホームランでゲームを決めた。久保は移籍後初勝利。約2年ぶりの勝利だったみたい。ベイスターズに在籍したシーズンはビハインド場面での救援がメインで目立った活躍はしていない。それがイーグルスでは同点で迎えた9回のマウンドを任される。ベテランの久保だから、一度戦力外となった久保だからできるピッチングがある。そんなところに感激して観ていた。特にコントロールがよかった。細川の構えたミットにまるでボールが吸い付くようだった。

そしてアマダー。夏になって化けた。前日の3本が相当の自信となっている。アマダーにはこの自信こそが必要だった。
ヒロインはアマダーと(前日の今江に代わって)久保だったけれど、アマダーは今度は見事にBurnを決めてくれたw。

で、ホームランのアマダーを迎えたときのウィーラーの喜びようが滅茶苦茶イイ。チームの雰囲気の良さがダダ溢れの名シーンtweetを見つけたので載せておきますw。


おまけ

2人の離脱はとても痛いけど、これも含めてペナントレース。ここを切り抜けてこそチャンピオンなんだよね。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。よろしく。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村