せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

辛島は地方球場でガッチリ!

  • F1−5E

後半戦は函館のファイターズ戦から。快勝だった。平日のデーゲームだったので、生では観戦できなかったけど、帰宅してからパ・リーグTVでチェック。

イーグルス先発の辛島はさすがに地方球場のプロフェッショナルだ。低めに制球されたテンポのいいピッチングでファイターズ打線を6回1失点に抑えた。ストレートも良かったけれど、スライダーがいい感じに決まっていた。
辛島もこれで7勝目。岸や美馬と並んだ。目立たないようでしっかり存在感を出してる。目立たない存在感が辛島らしい。
今季の先発陣、wエース(岸、ノリ)→三本柱(岸、ノリ、美馬)→四天王(岸、ノリ、美馬、辛島)と進化しているね...w。

で、6回以降は7回・高梨、8回・ハーマン、9回・松井裕の必勝リレー。高梨も必勝リレーのメンバーに名前を連ねるようになってきた。必勝リレーのメンバー(パターン)は多いに越したことはない。ただ、高梨の2四球は少し多い。荒れ球的な配球が高梨の持ち味でもあるからあまり小さくまとまるのも心配だけど、ランナーをためてドカーンのもろ刃の剣が悩みのタネか。だけど、ここらへんは松井裕の感じに似ている。

ファイターズで気になったのが大谷選手。野手でのスタメンだった。怪我からの復帰とはいえ、まだ「大谷」ではない。別の選手だ。二刀流じゃないから「大谷」と違うということでもない。打者・大谷の側面だけ見ても、昨シーズンの打者・大谷とはまったく別物という感じ。言い方は悪いけど、“偽物”だ。
そもそも打席で構えたときの雰囲気に打ちそうな感じがまったく感じられない。昨シーズンは構えにスーッと収まるような感じと間(ま)があって、隙のないオーラを放っていた。どこに投げても打たれるんじゃないか、そんなイメージがあった。でも、今の大谷にそれは感じない。
見逃してバッターボックスを外したときの仕草は大物感を漂わせているけど、やっぱりどこか嘘くさい感じがあって、ぜんぜん怖くないのだ...w。

さて、今夜は岸が先発。カード初戦を獲ってエースにつないだ。これがノリだとこの流れ(明らかな連勝の流れ)に乗り損ねるパターンもあるけど、岸に限ってはそれがない。岸のピッチングは(そもそも)周りの状況(流れ)に影響を受けないから。どこまでも岸流なのだ。

▼応援クリックがブログ更新の励みです。よろしく。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村