せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

これが則本だよね...

  • H4−5E

最後は勝ったから良かったけど、これで負けていたら「おいおい、則本いい加減にしろよ...」と愚痴っているところだ。

まったく予想したとおりの展開にするから、則本はやっぱり何か問題があるように思う。
初回にさっそく先制点を許した。カウント悪くしてストライクを取りに行ったスライダーを内川に打たれた。柳田との勝負はいきなり敬遠気味の四球だったね。最初から逃げ腰かよ、ちょっとガッカリした。
で、2回裏には上林に2ランで早々と3失点。スピードはそれなりにあるけど、高いよね、ボールが。3回にも4番、5番に連続四球で満塁にすると、またまた1失点で3回まで毎回の4失点。これでは先日の塩見とほとんど変わらない。

投手の成績を示す数字はいろいろあるけど、例えば「奪三振」とか「2桁勝利」とか「防御率」とか。それだけを見れば則本は十分にエースなんだろう、たぶん。ただ、エースに期待するものって、そんな数字じゃないよね。数字は後からついてくるもの。ファンがエースに求めるのは、チームの連敗を止めてほしいとか、連勝記録を更新してほしいとか、例えば今回の首位攻防戦のように“絶対に”勝ってほしいゲームで勝つとか。

則本はそういう意味でエース失格だ。たしかに一球一球は秀逸なボールを投げる。奪三振の多いのもそのせいだ。ただ、ゲームメイクとなるとそれほどでもない。優秀な競技者ではあるけれど、優秀なゲームプレーヤーではない。スピード競争だったり、奪三振競争だったり、そんなところでは力を発揮するけど、ゲームになると空回り、そんな感じ。

解説の小久保さんが盛んに「則本の序盤の失点は想定外」のようなことをコメントしてたけど、真面目にそう思っていたのだろうか。侍jの監督経験者だ。則本のピッチング傾向はわかっているはず。「これがあるから則本の起用は難しかった。」くらいの辛口コメントはないのか。本音のコメントが聞きたいw。

相手先発の石川は初めて見たけれど、伸びのあるいいストレートを投げていた。ストライクでどんどん勝負してくるピッチングが気持ちいい。イーグルスの各バッターは凡フライが多かったから相当球威があったと思う。

さて、エースが投げているとは思えない3回までに4点ビハインドのイーグルスは、6回、7回と得点し同点に追いついた。先発は“どうでもエース”の則本だったから、攻撃陣も「いつもの展開」にはもう慣れっこ。そろそろ得点しとく?ってなもんです。

気になった8回表の攻撃。
先頭打者のヒジリが四球で出塁したけれど、そのヒジリに田中が代走に出された。代走を出されるヒジリも情けないが、その田中がアマダーのヒットで3塁まで進塁、0アウト1、3塁としたところまでは良かったが、キャッチャー甲斐からの3塁牽制でアウトになった。

田中ではなくヒジリだったら...。とも思ったけれど、たぶん同じ結果だったろう。相手のサインプレー、それを簡単にやっちゃうキャッチャー甲斐の送球を褒めるべきか。挟殺プレーの動きを見てもそうだけど、ホークスのやってる野球の方がイーグルスのそれよりも1、2枚上だ。

で、ホークスも内川のエラーで同点に追いつかれたけど、イーグルスも三好と田中の走塁ミスで2点は損したように思う。

...などと思っていたら、9回表に勝ち越し。セーブ王のサファテ相手に1点をもぎ取った。イーグルスに、そして銀次にアッパレ。

その裏。
イーグルスはもちろん松井裕。こちらも1アウト1、2塁のピンチを迎えるが、1番川島、2番代打の今宮と打ち取ってゲームセットだった。同点で迎えた9回、しかも抑えは互いにリーグ1、2を争うストッパー。結局、1番から始まったイーグルスと7番から始まったホークスの差が出たように思う。9回裏は3番柳田まで打順が回っていたら展開は変わっていたかもしれない。反対にイーグルスも銀次まで打順が回っていなければ勝ち越しはなかった。

それにしても、則本がエースらしいピッチングをしていたらもっと楽に勝てたゲームw。今日の岸のピッチングを見て勉強しろ、と今から言っておくw。

▼応援のクリックがブログ更新の励みです。よろしく。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村