せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

塩見に次はあるか?...

ハッキリ言って、(しばらく)ないだろうと思った。

先発の塩見は初回に4失点。久々の登板だったことを差し引いても、いきなり4失点はないなあ。でも、これが塩見だ。源田にヒットを打たれ、浅村を四球で出塁させたときには「ビビリの塩見らしいなあ」と思って嫌な予感がしていたけど、中村を凡フライに打ち取ったのでイケるかと思ったら栗山にタイムリー、メヒアに3ランだって...。「(気持ちの)切り替え」と「大胆さ」は塩見の“永遠の課題”だなあ。

それでも2回以降はどうにかこうにか無失点で5回まで切り抜けた塩見。4回の1アウト1、3塁と5回の1アウト1、3塁のピンチをどちらもゲッツーで切り抜けられたのは大きかったね。ピンチにしないのが一番だけれど、ゴロを打たせてゲッツーで切り抜けたのだからまずまず良かった。

ただ、ゲーム後の梨田監督のコメントからすると、塩見はブルペンでのピッチングとゲームでのピッチングがかなりかけ離れていたようだ。もちろん、ブルペンでは良かったけど、ゲームではそれを出せていなかったという意味だ。
ベンチが信頼するピッチャーとはブルペンでの仕上がりとゲームでのピッチングに大きく差がないことだと思う。塩見がローテに入ってくるかどうかは微妙な内容だったと思う。

それにしても4回表の4−6−3のゲッツーはよかった。セカンド銀次の好プレーが最近目立っている。どうしちゃったの、銀ちゃん、そんな感じだ。さすがに藤田の守備と比べるのは酷だが、銀次なりに最高のパフォーマンスを出せているし、それで十分守りの戦力にもなっている。バッティングも好調だし、セカンド藤田よりもセカンド銀次が板についてきた感じだ。

プレーボールしてすぐに4失点は痛かったが、今シーズンのイーグルスはここから追いつけるから今の位置にいる。1回裏にウィーラーの2点タイムリー、3回裏にはまたまたウィーラーの2ランでたちまち追いついた。ウィーラーは確変モードに入ってきた感じ。ペギーは意外と手堅いバッティングもできるし。この2人が攻撃の前輪となってチームを引っ張っている。

今江はチャンスに打席が回ってくる割になかなかそれを生かせていないのが歯がゆい。ロッテにいた頃はピンチで今江が出てくると嫌な感じだったけれど、今はチャンスで今江だと嫌な感じだw。
嶋も得点に絡む活躍ができずに地味な印象で、ときどきチョンボしてチャンスを潰す方で目立っていたりする。期待できるのは助っ人2人と銀次くらいで、そこがホークスとの大きな差になっている気がする。もう少し頑張ろうぜ、ジャパニーズ。

最後を締めた松井裕はかなり調子を上げてきている印象だ。久々に三者連続三振というのを見たけれど、このままホークス戦に突入したい。

▼応援のクリックがブログ更新の励みです。よろしく。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村