せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

首位攻防戦で調子こいてしまったか...。

  • E4−5H

ホークスとの首位攻防戦は、負けると思ってた初戦を勝って、勝てると思ってた2戦、3戦を落とすという不思議な結果に終わった。というか、2戦めも3戦めもどちらも勝てるゲームを落としたような後味の悪さが残って落ち込んでいる。いずれも1点差ゲーム、首位攻防戦に相応しい好ゲームとなったけれど、やはりそれをモノにしたホークスの方が1、2枚上手だったということかもしれない。いやあ、勿体ないカードだった。

イーグルス先発の岸。
松田に一発を打たれたが、調子自体は悪くなかったように見えた。初回に味方が2点先制。その裏に松田の一発が出て1点差に詰め寄られたけれど、あとは7回まで危なげない岸らしいピッチングだった。味方が6回に追加点を上げたときは、これで勝利の方程式へとバトンが渡り、岸に7勝目がつくだろうと思っていた。

ところが岸が8回のマウンドにあがった。
梨田さん得意の「別格」の扱い、「別格」の信頼だったと思うが、これが裏目に出てしまったように思う。いかに岸といえども、100球を越えたあたりからのピッチングはさすがにトーンダウン。それに「別格」のピッチャーだから一度マウンドに上げたら代え時がなかなか簡単ではない。だからこそ、「こいつで負けるならしょうがない。」くらいの信頼がなければ「別格」とは言わないわけだが、福山がいるのに8回に岸を送る必要があったのか。岸でなければ今宮に四球を出したところでスイッチできただろう。もしかしたら川崎に打たれたところで代えたかもしれない。8回に岸という選択はそれくらいの重さ(不自由さ)があったのだ。それこそホークスの上位打線も「別格」だということを少し甘く見てしまったなと思う。

で、8回1点差まで追い詰められてから松井裕にスイッチした。エース岸→福山はないらしい。エースの代え時=抑えの切り札でなければならない。これが梨田イズム...か↗。結局、デスパイネの打ち取った当たりをウィーラーがエラーでセーフにし、そのあとの松田に同点打、次の中村に勝ち越し打を打たれて、抑えの切り札で逆転を許す展開にしてしまった。なんか、前日の5回表に似た空気が流れた回だった。

8回裏にはウィーラーが意地の一発を打って1点差まで追い上げるが、しっかり勝利の方程式に乗せたホークスがこのゲームをモノにした。地力の差と言ってしまえば簡単だけど、なんだろう、普通に勝利の方程式に乗せていれば勝てたゲームだったような気がする。しかも相手はホークス、何故そうしなかったのだろう。前日のゲームもそう。普通に3塁走者をアウトにすれば良かっただけ。難しいことは何もなかったのに、それをしなかった(それができなかった。)。相手はホークスなのに。イーグルスは勝ちすぎて調子こいて墓穴を掘ってしまった。そんなカードではなかったか...。

▼応援のクリックをしていただけるとブログ更新の励みになります。よろしく。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

追伸
ホークスのキャッチャー甲斐はいい選手だなあ。それから育成契約から支配下登録したというピッチャーのモイネロも良かった。ホークスの層の厚さは半端ないです。すごい。