せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、あと日記も...

首位攻防戦の初戦、勝っちゃいました...。

  • E4−3H

いやあ、勝っちゃいました。
ウィーラーが初回にいきなりの3ラン。野球の神様は「魔の金曜日」に相手が「ホークス」ということでイーグルスに3点のハンデをくれたかのようでした。それくらいこの3点は大きかった。今更だけど、ホークス打線の迫力は違いました。他のチームとは桁違い。今宮が2番、柳田が3番、ディスパイネが4番...って、なんて嫌らしくて恐ろしい並びでしょう。この後の5番が長谷川で一息つける感じだったけど、すぐに熱男・松田へと続くし...。

本当は長谷川ではなく内川が5番のはずだから、完全体のホークスでなくて本当によかった。それでも危うく追いつかれるところでした。なんとか踏み止まりました。でも、そこがイーグルスが他のチームと違うところ。首位を守っている強さですw。

イーグルス先発は安楽。
初回からパッとしませんでした。球威なし、というかボール自体に切れを感じません。制球もハッキリ言って良くない。無駄なボール球が多いから球数が多くなってしまう。5回で100球超えはアップアップの状態でしょ。ボール先行でテンポも悪いし、先取点のあとですぐに失点するあたりも正直まだまだだなあという感想です。大人びた子供、私の安楽のピッチングに対するイメージですw。

で、このピッチングではまた5回もたずに交代だろうと思っていたら、5回表、柳田に2ランは打たれたけど、四球でディスパイネを歩かせた後に粘る松田を三振にとって(5回を)なんとか切り抜けました。あそこで松田を四球で歩かせていたら、前回登板のときと同じように勝ち投手の権利をマウンドに置いたまま代えられていたことでしょう。なので、前回よりは少しは進歩したかな...。今季初勝利、おめでとう安楽。

攻撃陣
島内、岡島のバッティングは上昇傾向。ウィーラーの3ランにペギーのソロで4得点、実に効率的な得点スタイル。助っ人が効いていたけれど、あとはアマダーだけ。そのアマダーは甘いボールを見逃して、むずかしいボールに手を出しているように見えます。真面目がバッターボックスに立っているようなアマダー、焦りから来るスランプだとすれば、他の2人の活躍がアマダーの障害ということになる。だからといってアマダーを外すのが得策とも思えない。今のように3人を使い続けることで、3人の力が最大に発揮される気がします。
三好は相変わらず淡白。アウトカウントにあっさり貢献。もう少しなんとかならないか...。枡田は地味すぎ。もっと目立ってほしい、なんでもいいから。

中継ぎ陣
6回の高梨も良かったし、今宮から始まる7回を担当した福山もよかった。特に福山、あの嫌らしくて恐ろしい並びをよくぞ無失点で切り抜けた。今季はシビレっぱなしのサブちゃんです。8回のハーマンだけど、私の中の信頼度はまだ昨シーズンのミコのレベルほどでない。何かやらかしてくれそうな不安が常に漂う。松井裕はだいぶ落ち着いてきた。彼ではなく見ているコッチ側が慣れてきたという感じ。先頭打者を歩かせようが、何しようが結局は抑えてくれる。そういう展開に慣れてきた。ただ、欲を言えば、2点差くらいで松井裕にバトンを渡してほしい。そうすれば1点差までは心穏やかにいられるので、結局、心穏やかなままゲームセットを迎えられる気がする。

相手チーム
東浜は高めの釣り球を投げきっていた。4失点だけど球数もそこそこで、7回途中まで投げてゲームを作るあたりはさすが。チームトップの7勝を稼いでいるだけある。キャッチャーの甲斐は若いけど実力者、工藤監督が使い続けている理由がよくわかる。育成出身だそうで、今日先発の千賀といい、育成出の凄い選手がホークスには多い。どこまで層が厚いのか。

これからの展望
さて、今日からはハンデ無しのガチンコ勝負という感じ。初回から3得点なんて展開はそうそうあるものではない。美馬と岸のwエースでどっちも落とすわけにはいかない。かといってどっちも勝てるとも思えない。勝てたら最高だけど...。

▼応援のクリックがブログ更新の励みです。よろしく。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村