せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

岸のゲームはこうでなくっちゃね...。

  • F0−6E

前日のゲームではあれだけ遠かったホームベースがこの日は初回から近い近い...。というか、前日も初回に先制したのだったか...。ま、今回は初回に一挙3得点なので3倍くらい近かったかな。

イーグルスの先発は岸。前日は今季大化けのエース・美馬でしたが、その美馬の手本とするのが岸ですから、岸はエースの手本、大エースといっていいでしょう。その岸は味方の3得点の援護のあとでマウンドにあがりました。「僕は2点あればいいよ。」と岸から1点のおつりが返ってきそうでしたが、お金がいくらあっても邪魔にならないように、得点もあればあるだけいいわけで、5回と8回にも得点し結局0−6の大差で岸に6勝目をつけました。

岸の安定感は抜群です。でも、これまでなかなか勝ちをつけてやれなかった。今回のようなゲームが岸が先発のときの本来の展開であり、首位と5位の力差だと思います。ナイスゲームでしたw。

ただ、その岸も珍しく制球難の日でしたね。
糸を引くようないつものストレートはやや高めにホップする感じでゾーンをハズレてました。ホップした分で空振りを獲るシーンもあるにはあったけど、3回くらいまでは嶋の構えたミットに吸い込まれる感じのボールが極端に少なかった。いつもの岸のボールではありませんでしたね。3回くらいまでは毎回ランナーは背負いながらの粘りのピッチングでした。ただ、3回裏満塁の場面でレアードに打たれた大きなセンターフライには心臓が止まるかと思いました...。運も味方しましたね。で、4回からきっちり修正してきました。さすがです。

話はそれますが、嶋が中腰になって岸にやや高めのボールを要求するというシーンが何度かありました。その絶妙な高さにボールが来ればバッターは空振りしてくれます。いわゆる「つり球」ですが、今回の岸はなかなかその高さに投げ込めていませんでした。嶋の構えたミットよりもちょっと高めに外れます。なのでバッターは振ってくれない。このとき、前日のメジャーのゲームを思い出しました。マー君とダルの直接対決です。その中でマー君が同様の「つり球」で空振りを獲るシーンが何度かありました。本来の岸であれば、同様のピッチングができるはずなんだけど、その岸も簡単には制球できない。あらためてマー君の凄さを思ったのでした。

話を戻します。岸は8回まで投げましたが、8回にキャッチャーが嶋から細川に代わりました。で、相手が1番の大田から始まる好打順でしたが、これを3凡で切り抜けます。結果論かもしれませんが、前の回まで岸を打ち込んでいた3番の西川を三振で仕留めたのは「細川のリードの上手さかな」そんなことを思いながら見てました。もちろん、7回までの無失点は嶋のリードによるところも大きかった、それは認めます。細川もよかったけど、最終回を任された久保のピッチングも見事でした。あの落ち着いたマウンドさばき。6点リードとはいえ、ベンチの信頼の厚さから来る起用でした。

三好、相変わらずチャンスでキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!となりませんね。モギーを意識しすぎるのも考えものです。

3番ヒジリは“効果あり”だったと思います。4番ウィーラーの前にチャンスメイクできてました。ウィーラーが単打でも次の銀次が滑り止めになっている。ヒジリ→ウィーラー→銀次は、ファイターズの西川→中田→レアードの類似品ですw。モギーの離脱でチャンスメイクが2番のペギーからとなっても3番のヒジリならツナギ役もこなせます。そして4番にウィーラー。なんだかんだいってもやっぱり4番の問題ですか。残念ながらアマダーをはずして得点力はアップしましたね。5番銀次の効果も倍増する感じ。

さて、ホークスも勝ちましたので2位とのゲーム差は変わらず。ライオンが途中まで勝ってて「ヨッシャ」とガッツポーズしてたんだけど、終わってみれば1点差でホークス勝利でした。さすがに手強いです。こうなったら直接対決で直に差を広げるしかなさそうです。

▼応援クリックが更新のはげみです。よろしく。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村