せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

辛島、塩見、森、古川は横一線...

  • E1−9De

辛島は2回で降板。前回も3回で降板だったから、いよいよ辛島というピッチャーが分からなくなってきた。これまで5勝と岸よりも勝ち星は多いんだけど、片や「別格」の信頼であり、片や3回待たずにスイッチされる信頼である。5勝を挙げた辛島と今回の辛島といったいどっちが本物なの、そんな感じ...。

2回で代えられたということは、辛島の修正能力には期待しないというベンチの判断です。「そもそも代えるの(見切り)早すぎ」、という意見もあるとは思うけど、前回、今回と2度も同じような立ちあがりなので何も言えないです。

もともと梨田監督は「別格」と認めた選手はとことん信じるけど、そこまでいかない選手の見極めは早い方だと思うし、そこまでの選手かどうかの選別眼もかなり正確だと思う。性格的なことも含めて選手のことをよく見ているなあ、上手く使っているなあ、というのが2年目梨田監督に対する率直な印象です。ま、そこが梨田さんの「2年目マジック」のタネ(基礎)だったりするわけだ。

交代させられる早さは、今や森くんや古川くんと同レベルになってます。辛島に対するベンチの信頼度はそんなもん。このカード、第2戦の先発は塩見ではなく、森くんのようなので、辛島、塩見、森、古川といったところは横一線ということですね。

さて、辛島の後を受けた「困ったときのトム」も2イニングが限界のようです。3イニングめからは「困ったトム」に豹変してしまいました。というか、2イニングをなんとか1失点で切り抜けてお役御免とでも思ったのでしょうか。解説の人に「気持ちが入ってませんね」みたいなコメントを出されていた5回だったけど、たしかに5回だけで4失点は急変しすぎでしょ...。トムの取扱いは要注意、「3回以上厳禁」...とか。

それにしても、イーグルスの攻撃陣は本格派のサウスポーに弱いですね。多少荒れ気味で四球になりそうでならないような、そんなピッチャーを攻略できずにズルズル行ってしまうイメージが強い。苦手意識は良くないけど、もうバレバレですね。対策を考えておかないと、各チームの「暴れん坊サウスポー」がイーグルス戦の刺客にあてられそうな予感です。

関連記事

uesugi-rintaro.hateblo.jp


▼菅原は、敗戦処理よりも先発で一度見てみたいなあ...。応援のクリックよろしくw。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村