せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

連敗しないねえ...

  • D1−5E

先発の美馬が8回6安打無失点で6勝目。
この安定感は、今やイーグルスNo1ではないだろうか。危なげなく8回まで投げ切る力は則本や岸をも超えている気がします。
美馬が前回登板したときにも書いたけど、まさに開幕投手そのものの活躍です。

そんな美馬ですが、初回と3回には先頭打者を塁に出してしまいました。それを嶋が2盗をことごとく阻止する見事な送球で助けました。
嶋の肩がそれほど強いイメージはありませんが、反応の良さというか送球のタイミングの良さが抜群でした。ワンバウンドのボールを身体を上手く使って止めたシーンがありました。ランナーの進塁を防ぎました。前日の足立と伊志嶺を見ていただけに、嶋の存在感が際立ったゲームにもなりましたね。

相手先発の柳もルーキーながら先の楽しみなピッチングを見せてくれました。ストレートの球威といい変化球の切れ、落差といい、調子に乗ったら手がつけられないイメージがありました。何より魅力的だったのは、そのマウンド度胸です。ルーキーの初先発とはとても思えない落ち着き振りでした。前日の小笠原といい、この2人の肝の座った堂々たるマウンドさばきは、イーグルスでいうところの森原にも匹敵しますね。いい選手というのはいるところにはいるものです。

柳投手といえば、スポーツ新聞が予想するイーグルスのドラフト1位指名候補に名前が上がったことがありました。それを思い出しながら、うちのドラ2池田くんの勇姿も早く見たいな、そんなことを思ってましたw。

攻撃では岡島、ウィーラー、島内あたりに当たりが出ているのが心強いですね。今シーズンのイーグルスが連敗しないのは、選手の好調さのバランスが上手くとれていることが原因のようにも思います。全員がダメということがない。だれかの調子が落ちてきても他のだれかがそれをフォローするように調子を上げてくる。梨田さんの選手起用の巧みさが功を奏しているように見えますね。いい感じです。

さて、第3戦の先発は岸です。
モギーの次が助っ人トリオ、それが終わったかと思うと銀次、島内、岡島といった好打者が続く攻撃陣を見た解説者が「良い打線ですよねえ...」としみじみコメントしたのを何度か耳にしましたが、今シーズンの先発陣もノリで終わった次のカードで、美馬→岸と流れる豪華なローテ。「良いローテですよねえ...」というコメントを私は聴き逃しているような気がしてなりませんw。

それにしてもパ・リーグの各チームは負けないねえ...。特にオリックス。どうしちゃったのでしょうw。というか、Gはどうしちゃったの?。うちに連敗はしょうがないけど、オリにまで連敗する必要はないと思うw。Gの優勝確率0%って、少し早すぎないか...。

関連記事

uesugi-rintaro.hateblo.jp

最後に荒木選手、2000安打おめでとうございます。で、このtweetが笑えました。星野さんは花束贈呈のプレゼンターにもなってましたが、荒木選手がドラゴンズに入団したときの監督なんですね。どれだけ恐い存在だったか分かりますw。

▼クリックしていただけるとブログ更新のはげみになります。応援クリックよろしくです。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村