せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

岸はやっぱり凄いわw

  • H2−9E

岸が相変わらずの安定したピッチングでホークス打線を寄せつけませんでした。例によって嶋の構えたミットに糸を引くようなボールを投げてましたね。嶋は構えたミットをずらす必要がない。まるで精密機械のようでしたw。

で、前日は中田の前に沈黙していた打線も、初回にウィーラーのホームランで先制すると、5回にはモギーの満塁ホームランなどで一挙6点をあげる展開。今日の岸に7点は、鬼に金棒を3本くらい持たせたようなものw。いかにホークス相手といえども5回で勝負アリという感じでした。

その昔、田中将大がチームにいたころに当時監督だった星野さんが「田中のときは1点あればいいのに、田中が投げるときに限ってよく打つ...。」みたいなコメントをしていたのを思い出しました。ピッチャーのテンポがいいと攻撃にもリズムや勢いが出て来る、得点もよく入るという理屈ですね。

今回の岸のピッチングで印象に残った場面。
2回でしたか、デスパイネ相手に3ボール1ストライクとしてから、見逃し三振まで持っていった場面。制球力というか「制心力」に感服。下手に勝負して甘い球が行ったらどうしよう、そんな動揺は感じられません。
4回でしたか、柳田を3球三振に打ち取った真っ向勝負の場面。それから、その後の内川のライトへのヒットをペゲーロが怠慢プレーで後逸し2塁打にしてしまって迎えたデスパイネを高めの釣り球で三振に打ち取った場面。嶋の要求どおりの高さに投げきっての三振でした、たまげましたw。
ギータとデスパイネの2人を相手にここまでのピッチングができるピッチャーはパ・リーグにも数えるくらいしかいないでしょう。少なくともイーグルスでは他にいませんね。せいぜい「5月10日のノリ」くらいでしょうか、できそうなのは...。あくまで「5月10日の」という前提つきですがw。

嶋との相性も良さそうです。足立のときとは違って岸が嶋のサインに首を横に振ることはありません。打者が打ち気と見るや大きなカーブでタイミングをはずす投球術、クリーンナップ相手でも3球勝負できる制心力(精神力)と制球力。文句なしのエースですね。
登板したあとで「修正できませんでした...」となるピッチャーと、ときどき登板前に離脱することはあるけどマウンドにあがったらゲームはしっかり作るピッチャーと、どっちが信用できるかとなれば...、ま、どっちもどっちかw。でも、岸はやっぱり凄いと思う。

あと気になっていたのが、アマダーの打順でした。梨田さんはやっぱり変えませんでしたね。これが梨田流だとすれば、あとは監督を信じて見守るだけ。そんな感じです。

あと、嶋のバント失敗にちょっとがっかり。梨田さんが「(嶋は)バントもスクイズもしっかりできるし、攻撃面でも期待できる」とコメントしていたのを知って意識しちゃったとかw。というか、やはり実戦感覚が完全には戻っていないということだね、たぶん。

そして、モギーの満塁ホームラン。早くも昨シーズンの本数を越えてしまったのだね。2年目のジンクスという言葉はこの人には関係ないみたい。モギーとペギーのアベック砲が見られる日も遠くない感じですねw。
それからモギーのヒロイン。母の日の質問に初々しく応えていたから、あれで女性ファン、特に母親世代のファンが一気に増えたんではなかろうかw。こんな息子ほしい...とか、うちの娘もらってー...とか。
ということで、ヒロインの様子を下に貼り付けますw。

▼クリックしていただけるとブログ更新のはげみになります。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村