せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

足立と嶋について。...というか、足立について思ったこと。

ゲームが無い日は何を書こうかいつも迷うんだけど、生憎、載せたいスマホ画像も使い切ってしまったし、GW明けで特別珍しいものも食べていない...。

スポーツニュースをチェックしても興味を引く話題もないし、しょうがないので、勘違いを承知で、最近、ゲーム観戦していて考えたことを書いておこうと思思います。それはキャッチャー足立とピッチャーとの相性というか、力関係のようなことです。

イーグルスファンならだれもが知っているとおり、昨シーズン、ルーキーでありながら、めきめきと頭角を表したキャッチャーが足立でした。嶋が怪我で離脱した期間、マスクをかぶり続けたのは、伊志嶺でもなく、小関でもなく、ルーキーの足立だった。肩の強さと堅実なキャッチングで「正捕手は嶋じゃなくて、もはや足立だろう」とファンの間の評価もうなぎ登りでした。

逆に嶋の場合は、ピッチャーの投球モーションの途中で構えた位置を変えるという変則的なことをやったり、ワンバウンドのボールを普通の野手のようなキャッチングをして後ろによく逸らしたりするものだから、プロの解説者の評価とは反対にイーグルスファンの間では意外と評判が良くなかったように思います。

2017年シーズンが始まり、足立はインフルで出遅れました。嶋との正捕手争いを少しだけ期待していたわけですが、そんなわけで、嶋が開幕からマスクをかぶることには何の抵抗も違和感もなかった。
しかも、嶋は開幕からチームリーダーとしての存在感を存分に見せつける活躍をしました。確実なバント、チームを鼓舞するハッスルプレー、イーグルスの開幕ダッシュを支えた選手を上げろと言われれば、嶋の名前ははずせないはずです。ところが、ここにきて嶋が腰痛でしたか、離脱しました。その間、マスクをかぶったのは、もちろん足立でした。

嶋が復帰した今も、すぐに嶋へ代えることはせずに、足立が先発でマスクをかぶる、そんなスタイルになっています。でもそれは足立が嶋よりも優れているからというよりは、嶋のスムーズな復帰に配慮した処置のように見えます。ここで嶋に無理をさせて長期離脱なんてことにはしたくない、そんな意図です。

で、足立はやっぱり嶋にはまだ及ばないか、と見てみると、決っしてそんなことはなくて、堅実なプレーを続けています。先日のノリの2年ぶりの完封。ノリの好調さが一番の原因ですが、わずか100球で仕上げることができたのは、やはり足立の非凡な配球やリードによるところがあったと思います。

それからよく言われるのがバッティングの差。嶋が足立よりも戦力的に優れているのはバッティングだというニュアンスのコメントをよく見かけます。ただ、個人的には足立の攻撃的なバッティングも結構魅力的に感じています。さすがに目標とするキャッチャーに城島をあげるだけのことはあるな、と変なところで感心しているw。

話が「足立とピッチャーとの相性」という話題からどんどん逸れていってしまいましたね。戻します。

楽しみにしていたのは、岸と足立のバッテリーでしたが、岸が足立のサインになかなか首を縦に振らないシーンを何度か見てしまい、気になっていました。あまり合わないものだから、岸が思わずプレートを外してしまう場面もあったり...。福山と足立のバッテリーのときも同じようなシーンがときどきある。

嶋とのバッテリーのときも、サインに首を横に振るシーンはありますが、あそこまで食い違うことはない。ピンチの場面だったり、追い込んだ場面で、キャッチャーがピッチャーの投げたいボールを要求する、ゲームの流れを良くすることやピッチャーを調子に乗せる意味でも大事なことだと思います。

たまたまなのかなぁ。それとも嶋の配球やリードの方がやはり上なのかなあ。まだ2年目の足立と侍j常連の嶋とでは、やはりピッチャーへの影響力というか、ピッチャーとの間の信頼感というか、そういう面の違いがあるのかなあ。そんなことを考えてました。

なにかとりとめのない事をダラダラと書いてしまいました。さて、今日からホークスとの2連戦。初戦のイーグルス先発は美馬です。でも、気になるのは先発ピッチャーよりも先発キャッチャーですね。そろそろ嶋が出てきそうな気もします。第2戦は嶋と岸のバッテリーもありそうです。嶋と岸とのサインのやりとり、そんなところにも注目して観戦したいと思ってますw。

▼クリックしていただけるとブログを書く励みになります。がんばります。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村