せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

岸のことだけ。

  • L2−3E

2日続けて わしほー

岸が勝った。相手が古巣ライオンだったから、しかも、ライオンのホームだったから、岸にとっては開幕戦よりもプレッシャーの重くのしかかるゲームではなかったかと思います。それでもいつもどおりのナイスピッチングを見せた岸。やっぱり凄いヤツです。
こういうピッチング(ストレートのスピードがどうとか変化球の切れがどうとか、完封したとか完投したとか、そういう当たり前の凄さではなくて、どんな状況でもいつもどおりのピッチングができる凄さ)を見せられると、梨田さんが岸は「別格」というのもよーく分かります。間違いない、岸は別格です。そして、イーグルスナインもイーグルスファンも今回の勝利でそれを再認識しました。

ゲーム開始前、先発・岸が発表されたとき、ドーム左翼席の西武ファンから大ブーイングがあったようですね。ゲーム中も岸が牽制球を投げるたびにブーイングが飛び交ってました。ぶり返すようでなんですが、ここらへんはコボパークで平沢に応援コールを送るイーグルスファンと大きく違うところですね。ま、岸の場合は自分の選択でイーグルスへ移籍したわけですから、やや状況が違うとは思いますが...w。そんな逆風のマウンドで淡々といつもどおりのピッチングを見せた岸。なんども書きますが、凄いヤツですww。

岸もヒロインで「やりづらさはもちろんありました...」とコメントしてました。でも、そのあとに「西武打線と相手投手がウルフだったので凄く楽しみでした。楽しんで投げたのがいい結果になったと思います。」と続けたあたりが並のピッチャーではありません。
ただでさえビビってしまう西武打線を相手に、しかも昨シーズンまでのチームメイトを相手に、淡々といつもどおりのピッチングができる。ヒロインのときの顔つきも目をカッと見開いて、堂々たるものでした。並の選手なら、「今日のヒロインは遠慮しておきます。」とかなんとか、ライオンファンへの気遣いなども見せちゃうところだと思うのですが、岸は違いました。ファンへ一言と振られ、「また仙台でよろしくお願いしまーす。」と呼びかけたのは、ライオンファンからのブーイングに対する岸なりの反撃だったかもしれませんねw。

岸はこれで2勝目。
登板直前にインフルになったり、腰痛になったりと、見た目どおりの華奢なイメージもありましたが、決めるときはピシッと決めてくる。それに、甘いマスクに似合わず、打者へ向かっていく雰囲気や、決して逃げていない空気が、彼のピッチングからは伝わってきます。例えば、7回に連続でホームランを打たれたときも、中村にホームランを打たれたあとのメヒアにも真っ向勝負していました、まったく逃げているピッチングでなかった。
結果として連続ホームランにはなったけど、なぜか見ているこっちの気分はそれほど落ち込まなかったし、逆に、これが岸イズムなんだなあとスカッとしたくらい。そのあとも惚れ惚れしながらピッチングを見守ってましたw。
...なんちゃって、結構ドキドキしながら見てましたw。でも、嫌な予感(感じ)はなかった。

イーグルスの若手投手には岸のこういうスタイルを見ておいてほしいな。そう思いました。

▼前回のブログに書いたとおり、美馬で勝ち、岸で勝ちましたので、ライオンアレルギーは快方に向かいそうですw。つい一昨日までライオンが苦手でした...。
イーグルスの岸が勝ちました。ご祝儀のクリックをお願いしちゃいますw。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村