読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

ライオンが苦手です。

  • L7−1E

イーグルスファンの私がライオンズになんとなく苦手意識を感じています。これはまずいかも。「ライオンが苦手」をファンが感じているということは、ナインの苦手意識もそれなりにあるはずだから..。

この苦手意識を払拭するくらいの快勝を見せて、独走体制に入ってくれないかなあと密かに期待していましたが、やっぱりライオンはイーグルスにとって“別格”の敵、天敵でしたね。

岸を獲得できたのは良かったけれど、反対に菊池雄星というやっかいなピッチャーを覚醒させてしまったかもしれません。で、その雄星を先発に立てられ、イーグルス打線は手も足も出ませんでした。情けないというよりは、菊池雄星って、こんなに制球の良いピッチャーでしたっけ?という感じ。

ライオンの先発が開幕投手菊池雄星なら、イーグルスの先発は釜田でした。釜田なら相手がだれであろうとビビることはありません。ただ、少しムラっけがあるのも事実。で、その心配がモロ出ちゃいましたw。
釜田って、威力のあるいいボールを投げるんだけど、詰めが甘いというか、追い込んでからのフィニッシュがゆるいというか...。そういうところがある。やんちゃなピッチング(投げっぷり)が彼の魅力の一つで、ここでも何度か書いたように好きなピッチャーには違いないんだけど、もっと丁寧に攻める意識がほしいかなw。あれよあれよといつの間にか失点しているイメージが釜田にはあります。実に勿体ない。4回の4失点は雄星にはお釣りが来る失点になってしまいました。

ライオンのバッターについて。
厚みがぜんぜん違います。正直、見ているこっちが怖くなってしまう迫力と不気味さを感じます。初回から雰囲気は十分に漂わせていました。打ち取ったと思ったフライがフェンスぎりぎりまで届いちゃうんだから...。
秋山、(源田は良く知りません。)、浅村、中村、栗山、メヒア...って、ピッチャーはどこで息継ぎしたらいいの、という感じ。イーグルスファンもライオンが1番から始まるときは息を呑みながらの観戦です。
イーグルス自慢の“いてまえ打線”もどき、モギー、ペギー、ウィーラー、アマダーのラインでもここまでの不気味さはありませんね。というか、最近では不気味さよりも、相手投手に安心感を与えつつあります。

その他雑感を箇条書き
  • 三好のショートの守備って見ていて少し危なっかシイ。モギーの守備の安定感をあらための実感してました。
  • それから森雄大くん。7回からマウンドにあがりましたね。ま、7回はそこそこまともなピッチングでしたが、8回裏のバタバタは「あぁ、やっぱりこうなるか...」という感じ。一球一球は非凡なボールなんだけど、野球って投げるボール自体を競う競技じゃないから...。ゲームを作るとか、流れをこっちに引き込むとか、そういったやりくりがまだできない。投げるだけでいっぱいいっぱいの感じは相変わらず。自分でピンチを作ってそのままフィニッシュする自滅型のイメージは健在でした。結局、四死球で満塁にしたかと思ったら、浅村にタイムリー。大量リードされてからの登板で、何も気負う必要がない場面なのにこの余裕のないマウンドさばきでは、ベンチの信頼はなかなか得られませんね。いつぞやの「4回まで無安打ピッチング→5回に高梨へスイッチ」のゲーム、文句は言えまシェーン。
  • アマダーはぜんぜん合ってませでしたね。バッターボックスに素振りしに入っているようでしたw。

▼美馬で勝って、岸で勝ったらライオンアレルギーも少しは快方に向かうんですがね。応援のクリックもいい薬になります、どうかヨロシクw。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村