せんだい雑記

楽天イーグルスのこと、思ったこと、あと日記

平沢大河への声援に思ったこと(ブログ読みブログ)

almosteveryday.hatenablog.com

私の愛読ブログのひとつ。
「almost everyday.」です。

その日の夕飯を紹介する「おいしい記事」が魅力のブログですが、書いているsweets78さんがイーグルスファンで、ときどき観戦記事も書いていらっしやる。これがまた楽しみなのです。

で、昨日の記事がちょうど観戦記事でした。koboパークのロッテ戦へ足を運んだようですね。その記事の中にこんな箇所がありました。

それとは直接関係ないけど、大量リードで楽勝モードだからって、満塁の場面で登場した平沢に万雷の拍手&大河コールっていくら何でもそれはあんまり。彼が地元の星だというのはよくわかってるし、岸先輩みたいにいつか帰って来てくれよという気持ちも理解できるけど、それとこれとは話が違うでしょうに。いま我々が応援すべきは高梨ただ一人だろうがああああ!ふんぬー!

この気持ち、すごーくよく分かる。

私の場合、今回はテレビ観戦。イーグルスファンの間からも平沢に対する声援があったのはアナウンサーの紹介で知ってましたが、そこまでの声援だったとは思いませんでした。
球場にいたsweets78さんにはモロ違和感があったのだと思います。

高梨にとっては満塁の大ピンチという場面です。ホームゲームですから、あそこで高梨に対する声援というならわかりますが、よりによって相手チームのバッターに声援とコールが送られたとは…。

高梨は埼玉県川越市の出身、仙台市がホームの楽天イーグルスに入団したばかりのルーキーですが、その入団したばかりのチームのホームゲームでこの仕打ちはちょっと酷いなあ、記事を読んで、正直、そう思いました。

星野さんが監督だったとき、「東北のファンは優しすぎる。(自チームとはいえ、)ノックアウトされたピッチャーの降板時に拍手を送るなんて、俺には考えられない。」みたいなコメントを出していたのを思い出しました。

星野さんが「東北のファン」に感じていた違和感は、もしかすると、sweets78さんや私が「平沢に対する声援」に感じた違和感と同じ感覚なのかもしれません。

ただ、星野さんが考えられないとした「東北のファン」が拍手を送った相手は、ノックアウトされたとはいえ、イーグルスのピッチャーなわけです。イーグルスファンがイーグルスのピッチャーに拍手を送って何が悪い。少なくとも「仙台の楽天ファン」がホームで平沢に声援を送るのとは違うような気がしますw。

いや、平沢に「一切声援を送るな」と言うつもりはありません。場面が場面だったと思うのです。満塁の場面で応援するチームのルーキーがマウンドに立っている。普通ならそのルーキー(高梨)を応援するなあ...と。平沢にヤジは飛ばしませんよ、もちろん。ただ黙って見守ると思います。

メットライフドームでの西武戦で、イーグルス先発の岸が満塁の場面で西武ファンから声援を受けるようなものですよねw。でも、そんなことは起きない。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村