せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

代役先発...

楽天戸村が史上初代役2勝、15分前「いくぞ」対応 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

(前略)
昨年8月に右肘クリーニング手術を受け、11試合登板で1勝(5敗)に終わった。強い体を求め、術前より5キロ増の93キロでシーズンをスタートさせた。「今年で30歳。今年こそ自分に期待したい」と己を信じ続け、巡ってきた舞台で大きな仕事を果たした。梨田監督は「全体を通して2点を守り抜いたことは大きい。登板を早く告げるより、急だったから良かったかな」と、救世主に合格点を与えた。【栗田尚樹】

楽天は岸に代わって先発した今季初登板の戸村が勝利投手。楽天予告先発変更は15年6月19日ロッテ戦以来5度目で、前回も予告の辛島から代わった戸村が白星を記録。代役先発を2度やったのは99、00年高橋功(オリックス)03、04年星野(ダイエー)に次いで3人目だが、代役先発で2勝したのは戸村が初めてだ。これが戸村は通算54試合目の先発。予告先発では52試合で13勝19敗と負け越しているのに、代役先発では2試合とも白星を挙げている。

一昨日のトム。
ネット上には「岸の代役きっちり」とか「今季初登板で大仕事」といったトムを賞賛する見出しが踊っていたけれど、昨日のブログにも書いたとおり、トムのようなピッチャーには15分前の先発司令くらいがちょうど良いのだと思います。

あれこれ考えすぎるタイプのピッチャーは、登板するまでの間にエネルギーを使い果たしてしまい、かえって良い結果が伴わない。考える間もなくマウンドに上がれば、あとは嶋の要求どおりに無心で投げるだけ。

で、これこそがトムのような緊張シイのピッチャーが先発するときに求められるマウンドでの心構えなわけで、緊急登板は願ってもない登板スタイルということになります。
代役先発で2勝はトムが初めてだったんですね。2009年ドラ1、もともと持っているポテンシャルは高い、なのになかなかそれを発揮できなかった。トムの力を引き出す手っ取り早い方法の一つが「代役先発」だったということですねw。

「急だったから良かったかな」
さすがに梨田監督には分かっていたみたいです。

バッターには「代打」というのがあります。「代打の切り札」なんてカッコいい呼び名まである。ピッチャーにもあっていいんじゃないかな、代投げの切り札...。
最初からロングリリーフを想定して先発を組むとか、それこそ先発が期待したピッチングをしてくれないときとか、先発の駒が足りなくなったときとか、まさに「困ったときのトム」の出番です。

▼先発、中継ぎ、抑え、そして代投げ...。分業制はここまできましたか...w。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村