読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

犬鷲・日記・備忘録

エースと呼ばせて

昨日のブログのタイトル、「エースと呼ばないで」にしましたが、あとで考えたらちょっと違ったなぁ、と後悔。「エースと呼ばせて」とするべきでした。

「エースと呼ばないで」はみっともないピッチングをしてしまってゴメンナサイと則本が発するコメントをイメージしたものでしたが、この場合はイーグルスファンの側からのコメント(声)をタイトルにすべきでした。つまり「エースと呼ばせて」となるわけですねw。

さて、ネット上のイーグルス関連のブログやスポーツニュースは、則本のピッチングに対する落胆や憤りについて書かれたものが多かった。

私はピッチングの様子を実際には見ていなかったので昨日の則本がどんな状態だったか他の人の印象から思い浮かべるしかないわけですが、「ボール自体は走っていた」とする梨田監督のコメントもあれば、「球に力がなかった」とするものもあって、見る人によって印象はだいぶ違っていたようです。

私は昨日のブログで則本のコメント「コントロールできなかった」はいいが、「なぜコントロールできなかったのかを知りたい」と書きました。
で、こんな記事がありました。

【追球】風に嫌われた楽天・則本のスライダー (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

パ・リーグ 楽天5―10西武(2017年4月12日 Koboパーク宮城)

 楽天・則本は快進撃の風をつかめなかった。4回、同点とされなおも1死満塁。浅村に2球目の145キロ直球を、左前に勝ち越し打を浴びた。

 直前の初球。外角のスライダーでのストライクを浅村は平然と見送った。結果球を除き、これで則本の2ストライクまでのスライダーは4球がストライクで、12球がボール。制球に苦戦し、頼った直球を西武打線に狙われ、10安打は全て直球だった。「うまくいかなかった。修正しようとしたができなかった」。5回6失点で今季初黒星。修正を阻んだのは仙台で最大瞬間風速19メートルを記録した強風だ。右翼から左翼への風が、三塁観客席をなぞり本塁付近は三塁→一塁側へ吹いた。リードした嶋も「千葉と同じ風。スライダーには追い風になって普段より曲がりが大きかった」とつかめなかったという。

 曲がりを抑えようとすれば甘く入る危険性もある。「配球面だったり、制球を見直していかないと」と則本。投手は自然とも戦っている。 (春川 英樹)

記事によるとコントロールできなかった理由は強風だったということになる。

強風ぐらい対応(修正)しろよ、と言いたいところですが、則本自身とは別の原因の可能性を示され、少しホッとする気持ちもありましたw。


いつも愛読している山川さんのブログ(「金鷲の夢」)が、ここ数年の不安定なピッチングから

勤続疲労によるスランプ

の可能性を指摘していましたので、正直、不安です...w。
ようやくwエースが完成したかと思ったら、片方がパンクしていたなんてシャレになりませんからw。

上のスポーツニュースの読者コメントの中には

審判の狭いストライクゾーンが悪い

と指摘したものもありました。

「則本自体の欠陥」
についてはできれば認めたくない。

私も「審判悪い説」にのっかりたい気分です。コントロールできなかった理由は「強風」と「ヘボ審判」w。

ま、どちらもエースなら軽く乗り越えてほしい障害ではあります…。

いずれ今シーズンのノリの正体は次の登板までお預けとなってしまいました。


▼今は2番に強打者を置くのが流行りらしいです。このブログは2番です。がんばります。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村