読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記・備忘録・犬鷲

レジ袋、青森県開催

日記(備忘録) 犬鷲

〈レジ袋〉

ときどきコンビニでカップ味噌汁を買います。ランチ用です。

買ったものは味噌汁1個だけでも、店員さんはお箸をつけてくれます。当然ですね。それはいいのですが、入れてくれるレジ袋の大きさが店員さんによって違います。

あくまで私の印象ですが、女性の店員さんは買った味噌汁の大きさに合わせて小さめの袋に入れてくれる傾向があるように思います。几帳面というか、節約傾向というか...。一緒に入れてくれたお箸が入り切らずに持ち手の脇から突き出てしまいます。あまり格好良くありませんねw。

それに対して男性の店員さんは、お箸まですっぽり入るやや大きめの袋に入れてくれる傾向があります。これだと安定感も良くて実に塩梅がいいです。

ちょっとしたことですが、何回か続いたので、このごろは男性の店員さんがレジをしている列に並ぶようにしています。

青森県開催〉

楽天、青森で悲願の公式戦 社長が弘前市役所を訪問 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 楽天立花陽三社長(46)が27日、青森・弘前市役所で葛西憲之市長(70)を表敬訪問を行った。

 6月28日に青森県内では29年ぶりの1軍公式戦となるオリックス戦(はるか夢球場)のPR。対面を終えるとかみしめた。「ワクワクしています。6県で開催できる初の年。東北楽天と名乗らせてもらえる元年かなと思う」と話した。宮城、福島、山形、岩手、秋田での1軍開催は行われていたが、青森では球団史上初。東北6県に根ざす球団としての悲願だった。

 現在、会場のはるか夢球場は6月上旬の完成に向けて改修真っ盛り。6700人収容から1万4800人収容となる。葛西市長は「弘前を野球の聖地にしていきたい」と話すように、約28億円かけてボールパーク化を進める。「球場へのアクセスで、歩いて向かうのがどれだけ楽しいか。ワクワク、ドキドキするようなそういう球場になる」と1軍戦に向けて意気込む。相乗効果も生まれており、これまで青森市内で行われていた高校野球青森決勝は同球場で開催。6月17日からはこけら落としとしてソフトボール東アジア杯も行われる。

 立花社長は「初戦が大事。何とか勝ちたい。(6月28日は)前半戦でも非常に重要な試合になってくる。細川が出て大活躍をしてくれたら。いいイメージはできています」と今季加入した青森出身の細川の名前を出し、必勝を誓うなど青森の野球熱をさらに高めたいと意気込んだ。

青森県での初開催は、青森市ではなく弘前市の球場だったんですね。

はるか夢球場...

「はるか夢のまた夢...」みたいな響きがあって、微妙なネーミングだなあと最初聴いた時思いました。が、改修してすぐにプロ野球の1軍公式戦が開催されるわけですから、案外、縁起のいい球場なのかもしれませんよ。

東北6県すべてで公式戦が開催される年だから「東北楽天」元年、社長もうまいことを言ったものですw。イーグルスは地方球場で勝てないイメージがあります。青森では強い、そんなジンクスを作ってほしいな。

▼応援よろしく。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村