せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

ドラ3

<楽天ドラ3>田中「強肩と俊足発揮したい」 | 河北新報オンラインニュース

東北楽天は11日、ドラフト3位で指名した立大の田中和基外野手(22)=181センチ、75キロ、右投げ両打ち=と東京都内のホテルで入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1200万円で合意した。背番号は25に決まった。
 交渉を終え、田中は「野球が仕事になるので身が引き締まる思い。肩の強さと足の速さを存分に発揮したい」と抱負を語った。
 遠投125メートルの強肩と50メートル5秒8の俊足が武器。高校時代は捕手で、外野に取り組んだのは大学に入ってからという。両打ちで左右の打席から本塁打を放つ長打力もあり「走攻守そろったスイッチヒッターを目指したい」と意気込む。
 東北楽天に田中が名字の選手が入団するのは、2007~13年に在籍した田中将大投手(ヤンキース)以来となる。13年にチームを初の日本一に導き、東北に歓喜をもたらしたかつてのエースのように「ファンに愛される選手になりたい」と思い描く。
 沖原佳典スカウトは「走攻守の能力が高く、トリプルスリーを狙えるくらいの素質がある。経験を積み、近い将来にはレギュラーをつかんでほしい」と期待した。

恐怖の〈ドラ3〉

昨シーズンの茂木の活躍でイーグルスのドラ3も出世“順位”に格上げですなw。

2014年ドラ3は福田くんがいます。茂木と福田、この2人を見る限り、どうやらドラ3ルーキーはルーキーイヤーから活躍する傾向がある、即戦力ルーキー。ついでに言えば、2011年ドラ3の三好は、今や藤田・後継の筆頭です。

2度あることは3度ある。

2016年ドラ3の田中くんが3度めの即戦力ルーキーになる可能性に期待しないわけにはいきませんね。大卒ルーキーというところも先の2人と共通しているし。ますます膨らみます

...ドラ3伝説 w

そんなわけで、昨年のニュースの中から上の記事を引っ張り出してきました。

俊足、強肩、スイッチバッターとくれば、まるで松井稼の再来です。

さて、田中のドラ3伝説には、越えなければならないハードルがいくつかありますが、最初で最大のハードル、それは〈外野〉というポジションのライバルたち。

イーグルスの外野には、島内、岡島、ウィラー、ペゲーロ、聖澤、松井稼、それから先輩ドラ3の福田、昨年のゴールデンルーキー・オコエがいます。そして、さらに控える第2集団には福田の同期、未完の大砲フェルナンドや、2017年シーズンにブレイクしそうな八百板の顔も。

イーグルスのポジションの中でも強烈なライバルたちが顔を揃える激戦区です。

田中がどんな形でルーキーイヤーにデビューするか、ナッシーの起用にも注目です。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村