読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記・備忘録・犬鷲

肉体改造

犬鷲

楽天・安楽 ムキムキで腕時計ゲットだ!2桁勝利狙う (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

筋トレは、今や野球選手にとって常識のトレーニングメニューになっています。安楽くんも本気モードで肉体改造に取り組む気のようです。ダルビッシュと一緒にトレーニングしたというニュースを見たときにそんな予感はありました。

そのダルビッシュ、日本のピッチャーの神的存在ですが、肉体改造といえばダルビッシュ、というくらいにイメージが定着してきました。

ダル理論とダル・トレを学ぼうと日本プロ野球界の若きエースたちがダル塾に入塾して一緒にトレーニングしたというニュースをよく見かけます。

野球選手の肉体改造、果たして吉と出るか凶と出るか。

甲子園のスターたちを取り上げるテレビ番組などで高校時代のダルビッシュの映像を見ることがあります。ものすごい痩せっぽっちでした。まるでグリコのポッキーのようw。現在のダルビッシュと比べるとまったくの別人です。

もうひとり、別人といえば平成の怪物・松坂大輔がいます。彼の高校時代の映像と今の姿を見比べると、これまたすごい変わりようです。ただ、彼の場合は明らかな失敗例に見えます。私の中で肉体改造に一抹の不安を覚えるのは、はっきり言って彼の存在があるからです。

ダルには、是非、成功例を見せてほしいですね。

成功例といえば、イチローを忘れてはいけませんね。彼は日本人らしいスリムな体型を維持しながら長い間、メジャーリーガーとして活躍を続けています。イチローなりの肉体改造はあったと思いますが、見違えるほどの改造の跡は見えません。日本人が日本人らしい肉体でも勝負できるという良い例だと思います。

投手と野手、単純に比較できるものではないと思います。ただ、松坂が日本でプレーしていた頃の体型を維持しつつメジャーでプレーしていたらどうだったろう、松坂の今のピッチングフォームを見るといつもそんなことを考えてしまいます。

身体を作ることと、身体を作り変えることとは違うように思います。投手はデリケートな技術、ハードな身体操作を必要とするポジションです。安楽にはくれぐれもやり過ぎないようにと祈るばかりです。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村