読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記(備忘録)、ときどき楽天イーグルス

後藤の引退

犬鷲

楽天・後藤が引退表明「寂しい」今後は球団職員に (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

後藤光尊38歳、とうとう引退です...。

オリックスが〈ブルーウェーブ〉の愛称で呼ばれていたころに所属していた選手で今も現役なのはイチローと後藤の2人だけだったんですね。たしかに〈後藤といえばオリックス〉のイメージが強かった。その後藤もイーグルスで現役引退。

後藤は現役続行を希望してトライアウトを受けていたようです。最後の可能性であるトライアウトの場でもしっかりファインプレーやシャープなバッティングを見せられる、アピールできる。この勝負強さが彼の最大の魅力でした。でも、結局、どこからもお呼びがかからなかった...ということですね。

シーズンオフに西武の岸やソフトバンクの細川のイーグルスへの移籍が決まりました。なんだかんだと、東北出身の選手たちが最後はイーグルスに集まってくるような印象があります。そういう懐かしい、故郷のようなイメージがイーグルスの大事なチームカラーの一つのような気がして、このチームがますます好きになっていますw。

後藤の「もう1年でも2年でもと思っている...」というコメント報道がありました。チームメイトにカズオさん41歳(松井稼頭央)がいました。後藤よりも3歳年上になるわけですが、後藤にとっては憧れであり目標だったに違いありません。

後藤のマイペースなプレースタイルには、ファンの間からもいろいろな意見や批判のあったことは承知しています。ただ、そこが後藤の魅力、私はそんな見方をしていました。同じ秋田県出身者ということで、後藤タオルを持って球場へ足を運んだ時期もありました。

優等生タイプの多いイーグルスの中で、そのヤンチャぶりが新鮮でした。彼が抜けたあとのイーグルスの変化が淋しくもあり、楽しみでもあります。

球団職員というと、彼のイメージと少し違う気もしますが(w)、第2の人生、後藤の新しい才能を開花させて、選手とは別のサイドからイーグルスの戦力となってくれることを期待しています。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村