読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記・備忘録・犬鷲

「はてなスター」に対する本音

日記(備忘録)

はてなブログには「はてなスター」という仕掛けがあります。ブログの各記事の下に設置された星のマークが「はてなスター」で、ここをクリックするとクリックした人が自分の星を残せる仕組みです。

星を残すことで、「読んだよー」とか「はじめましてー」といったコメントの代わりになります。足跡のような役割ですね。

残された星をクリックすると星をつけた人のブログに飛びますので、「私のも読んでネ」、そんなメッセージにもなります。

はてなスター」はついていないとそれほど気になりませんが、同じ人の星が記事によって増えたり減ったりするのは意外と気になります。

0だと(ついていないと)「読んでいないだけ」という受け止め方ができますが、同じ人の星が記事によって増えたり減ったりすると、どうも記事の内容を「採点」されているようで気分が滅入ります。いつもは「星2つ」だけど、今日のは良かったから「星3つ」あげちゃう...とか、昨日の記事は「星3つ」だったけど、残念ながら今日のは「星1つ」だね...みたいなw。

私は「読んだよ」という意思表示だけで十分嬉しいです。「星1つ」ならいつも「星1つ」の方が嬉しい。記事によって星の数が変わるのは「きちんと読んでくれている証」という見方もできますが、私の場合、その気遣いは無用です。

そんなわけで、あるときから私は、他のブログに「はてなスター」をつけるときは常に「星3つ」と決めています。

ついでに言わせてもらうと、はてなスターを2つ3つと押す代わりにランキングバナーを押してもらう方が、私はもっと嬉しいですw。

応援ありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村