せんだい雑記

楽天イーグルス、日記、備忘録

安楽、安定・安心のナイスピッチングw

  • E8−1Bs

1回裏に茂木のタイムリーで先制点。ベンチ前でキャッチボールをしていた先発・安楽が「良し良し...」という感じで拍手していたのが印象的でした。

イーグルスの若い投手の中には先制点や1、2点のリードに表情を強張らせてしまう選手もいますが、安楽にはそれがありません。このメンタルの強さこそが、安楽が若手投手陣の中の先輩投手たちを追い越してローテの一角を担えている大きな要因だと思います。

安楽が投手向きのメンタルの持ち主であることがゲーム中の随所に見られました。特に3回の満塁のピンチにT岡田をピッチャーゴロに討ち取ったプレーなどは、やっぱりコイツは違うなあと思わせるシーンでした。余計なお世話ですが、森雄大や横山貴明にはできない芸当ですw。

バッターで気になったのは銀次でしょうか。チャンスで回ってきても引っ掛けてしまうことが多い。ボテボテの打球が幸いしてゲッツーは免れていましたが、チャンスに進塁打を打つのが精一杯という感じですね。勝負強さが魅力のイメージがありましたが、最近は下降気味になった頃の鉄平が重なって見えたりしました。ところが、3打席、4打席と、ランナーのいない打席でようやく〈らしい〉ヒットが出ましたね。銀次はランナーを返す側よりもランナーとして返してもらう側、つまりチャンスメイクの方が向いているのかもしれません。

それからキャッチャーの足立。嶋に代わってここ数試合マスクをかぶっていますが、勝手な先入観からでしょうか、チーム全体のすわりの良さを感じます。誤解を恐れずチーム全体から受ける雰囲気について書くと、嶋のときはピリピリした緊張感、足立のときはノビノビした開放感、そんな印象でしょうか。どちらが良い悪いという区別はありません。調味料と一緒で監督がそのゲームで作りたい雰囲気によって使いわければいいと思いますw。それにしても、足立はバッティングも悪くないですね。

さて、ホーム最終戦は則本が先発です。最低でも〈勝利〉、欲を言えば〈完投〉、もう一声で〈完封〉と行きたいですねw。

応援ありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村