読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記・備忘録・犬鷲

連敗を止めたのは、安楽ー足立のバッテリーでしたね...。

犬鷲
  • L2−10E

連敗を止めたのは、安楽と足立のバッテリーでしたね。安楽はよく投げました。8回1失点は、あえて「残念」と言いたい。できれば完投、もっと言えば完封と行きたかった。攻撃陣もよく打ちました、20安打10得点です。相手先発がルーキー投手ということもあったと思いますが、先制できたのが大きかった。逆の立場になってみると先制点の大きさがよくわかります。先制はされるよりする方がいいです、当たり前ですがw。

3回裏のライオンの攻撃で、足立が金子の盗塁を2塁送球でアウトにしたときは「さすが!アダチ!!」と思わず声を出してしまいました。前日のゲームでは金子に走られ放題、3つの盗塁を許し失点のキッカケになっていました。

嶋には嶋の良さがありますが、〈セカンド送球〉と〈キャッチングの上手さ〉では足立の方が嶋より遥かにレベルが上ですね。バント失敗が攻撃のリズムを崩したり、相手を3者凡退に討ち取ったあとの次の攻撃からリズムが出たり、ということはよくあります。これと同じで、足立が得意とするこれら2つのプレーがゲームの勝敗を分ける重要なプレーになっていることが意外と多いような気がします。

前日のゲームでも足立がマスクをかぶっていたら別の展開があったかもしれません。則本はエース、正妻が嶋であるのは分かります。...が、次は是非、そこを曲げて側室・足立とのバッテリーを試してみてほしいw。ま、それをしないところ、つまりはブレないところが梨田さんの良いところでもあるんですけどね...。

嶋にはFA権行使の可能性があります。足立がいるから嶋はいらない、とはいきません。小関や伊志嶺では嶋に遠く及びませんから。足立の起用については、そこら辺との微妙な掛け引きがありそうです。嶋の居場所がなくなるような状況は避けたい、嶋の機嫌を損ねないように...、梨田監督の采配にはその辺の加減もありそうです。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ