読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

則本が投げるときは何故かチームに元気がないような気がします...

  • L3−1E

今日もエースで勝てませんでした。というか、連敗加速です。3位を狙っているチームがエースを出して5位陥落です。笑えません。

則本が投げて負けたときは、毎度同じことを書いている気がしますw。どうしてもマー君イーグルスのエースでいたときと比較して、雰囲気や印象が違うことを書いてしまう...。もはや愚痴ですねw。でも今回も書いちゃう。

マー君が投げるときは打線もよく打ちました。当時の星野監督が、「田中のときは1点あればいいんだけどね...」と余裕のコメントを出していたものです。ファインプレーも多かった印象があります。

マー君が投げるときは〈先制されることがない〉、〈野手のエラーが失点に結びつかない〉(ギアチェンジで失点にしなかった。)という具合で、野手に信頼と安心と余裕があったように思います。投打がいい感じに咬み合っていました。

則本はというと、先制されることが多い、それも初回に大量失点することがある。エラーが結局失点に結びつく。仕舞いには「則本援護なし」と野手が悪者扱いされてしまう。これでは野手も気が抜けません。ピリピリした空気が伝わってきそうです。

私の勝手な想像ですが、意外と「当たらずとも遠からず」ではないでしょうかw。あと考えられるのは、則本の責任感の強さと野手の則本・愛の強さ。勝てないエースが勝とう、勝たなければと力み、周りの野手も勝たせたい、勝たせなければと力む。狂った歯車はなかなか正常に戻らないという状況です。

10勝10敗、勝率への貢献度ゼロではあんまりです。貯金を完封勝利で飾ってシーズンを終えたいところですが、ここは思い切って足立とのバッテリーで臨んで見る。今はそれくらいしか方法が思い浮かびませんねw。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ