読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

「トーホク、アキラメナーイ」(by ペレス)、今日の流れはイーグルスにありましたねw

  • E9−4F

初回のファイターズの攻撃を見ていると、つくづく難儀な打線だなあと思います。トップバッターの西川を出したら、ほぼ失点するイメージです。特に3番大谷、4番中田、5番田中のクリンナップが嫌らしい。3番大谷、4番中田はまるで大きな荒波です。この荒波を通過するのにピッチャーはかなりのエネルギーを費やすことになります。で、ここを通過するまでの間にランナーを得点圏へ進められると、5番田中の餌食になってしまう、そんなパターンですね。気を抜く間がありませんよ、これはw。

イーグルス先発の辛島は、そんな初回の荒波をどうにかこうにか最少失点で切り抜けました。これはもう上出来の部類でしょう。イーグルスはこの裏に岡島の先頭打者ホームランと続くペレスの連続ホームランで2得点、すぐに逆転します。ね、こういうこともあるでしょ、そんな展開で始まったゲームでしたw。

4回表にレアードのホームランで同点に追いつかれたときには嫌なムードが漂いましたが、初回の流れはまだ続いていましたね。その裏、すぐに4得点し再びリードしました。

いくつか感じたまま書いておきます。

まずは先発・辛島。今回も連敗ストッパーでした。エースで止まらない連敗を最近はこの人が止めてくれますね。悪い流れにも自分のペースを崩さない、この人にはそういう強さを感じます。頼もしい辛島が帰ってきました。

それから今日のヒロイン、ペレス。奥様と娘さんが球場に来ていたようですね、活躍できて本当によかった。この人は意外と器用な選手だと思いました。頭の上でバットをプロペラのように回す独特のバッティングフォームですが、ピッチャーによって回転の速度を変えたり、回転を止めるタイミングを変えたりといろいろ工夫しながら打っているのが印象的でした。先日の片足立ちのバッティングからも分かる通り、身体能力が半端なく良さそうなので、これからも勝負強いバッティングが見られそうですね。

最後に中川。先日のブログで銀次の代わりでどこまで活躍できるか楽しみ、というようなことを書きましたが、十分に期待に応えていますね。長距離砲であるだけでなく、勝負強いバッティングも見せています。守備にも安定感があるし、梨田さんは銀次が帰ってきたときの起用に迷ってしまうかもしれません。うれしい、そして贅沢な悩みが増えましたw。

ペレスがヒロインの最後で叫んだコメント、「トーホク、アキラメナーイ」が良かったです。いったいだれが教えているんでしょうか。次の日本語コメントが楽しみですw。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ