せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

「トーホク、サイコーで〜す」(フェレックス・ペレス 98)

  • E7−4L

先ずは先発の菊池から。彼はだいぶ逞しくなりましたね。失点してもズルズルと崩れません。嶋のサインに首を振って打ち取った場面もありました。所々にタフネス菊池を感じさせてくれました。6回からマウンドを青山に譲りましたが、合格点をあげたいと思います。

さて、なんだかんだいっても、今日のゲームのハイライトは7回裏の攻撃でした。1点ビハインドで迎えた回に0アウト満塁のチャンスを作り、打順は4番ウィーラーからという場面。ライオンズはここで外国人キラーの牧田にスイッチ、絵に描いたようにウィーラー、ペゲーロを討ち取りました。もはや8割方無得点という展開に...。

しかし、今のイーグルスには助っ人外国人の後に和製大砲が控えています。その中川が期待どおりの勝ち越し2点タイムリーを放ちました。この勝負強さは本物っぽい。

さらに驚かせたのは次のペレスでしたね。普通のピッチャーにまったくタイミングが合っていなかったペレスが、外国人泣かせの牧田から放った2ベースヒットで2点追加。〈片足立ち〉になって合わせたワイルドなバッティングでしたw。型破りなペレス打法はこの打席で一つの山を越えたかもしれません。ここはペレスに代打を送らなかった梨田監督にもアッパレを贈りたいw。

その梨田監督は監督通算700勝だそうです。ゲーム後のファンへのメッセージ、「楽天が(監督を務める)最後の球団になると思います。」にはジーンときました。

それからヒロインでのペレスの日本語コメント、「トーホク、サイコーで〜す」が、それこそ最高でしたw。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ