読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

大曲の花火

8月27日(土曜日)
大曲の花火競技会、数十年振りに行ってきました。人口約4万人(大仙市の人口は約8万人ですが、旧大曲市だけでみるとその半分の人口だったようです。)の街にこの日だけで70万人を越える見物客が訪れるという知名度全国区の大イベントです。昼花火という色付きの狼煙(?)を打ち上げるプログラムのあとに夜花火が7時ころから始まりました。会場には夜花火の開始30分ほど前に着きましたが、会場は写真のような有り様。このような光景が河川敷約1.5キロに渡って見られます。

河川敷に来るまでの間の公園にはテントをはったグループをいくつも見かけました。バイクで移動してきたグループだったり、キャンピングカーで移動してきたグループだったり。街の中の、花火が見えるいたるところに日本全国から訪れた見物客が陣取っている、そんな感じです。どこから花火が良く見えるかを知り尽くしたリピーターが多いということでもあるようです。街全体が花火会場と化していました。

さて、河川敷会場。写真の向こう側に見えるのが西山です。間には雄物川が流れ、花火は対岸で打ち上げられます。バックに西山、打ち上げ場所と見物客の間には大きな川が流れるという正に花火大会のための絶好の会場になっています。
f:id:uesugi_rintaro:20160828090331j:plain

私は下流側のイス席で見物しましたが、そこまで行くのに人混みの中をかき分けかき分け進みました。
f:id:uesugi_rintaro:20160828090322j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20160828090103j:plain

さて、夜花火ですが、花火の写真は撮るのがむずかしいですね。シャッターボタンを押すタイミングと撮影されるタイミングが違うので撮りたかった絵と撮影された絵とは違ってしまいます。生の花火を見ずに写真撮影ばかりに気を取られているのもバカらしいので、合間に撮った中からどうにか撮れていた写真を載せておきますw。

星空の見える晴天でした。こんなにすばらしい環境の中で打上げ花火を見たのは初めてかもしれません。今回の花火を見て、〈大曲の花火〉のリピーターがまたまた増えたに違いありません。写真はありませんが、名物花火である〈大会提供花火〉は圧巻でした。カメラで遮るのは勿体ないので、しっかり自分の目に焼き付けましたw。
f:id:uesugi_rintaro:20160828090303j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20160828090300j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20160828090257j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20160828113524j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20160828090250j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20160828090235j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20160828090234j:plain
f:id:uesugi_rintaro:20160828090214j:plain

花火大会は終わってからの会場脱出がまた大仕事です。野球のスタジアムのゲーム後の混雑と一緒ですが、規模は段違いですから...。私が乗った〈人の流れ〉でこんな感じ...。まさに民族大移動ですね。
f:id:uesugi_rintaro:20160828090104j:plain

秋田で人の集まるところには必ずといって〈これ〉が出没します。ババヘラアイス。大移動の人波から外れて、路上にあったババヘラアイスコーナーに寄って買い食いしましたw。
f:id:uesugi_rintaro:20160828090049j:plain

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ