読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記(備忘録)、ときどき楽天イーグルス

最初から藤田だったらなあ...というゲーム

犬鷲
  • Bs4−4E

セカンドのスタメンが三好ではなく藤田だったらなあ、そんなゲームでした。チャンスに打順が回ること2回。5回の失点のきっかけになったエラー。いずれも藤田であれば、得点できた可能性が高かったし、失点の可能性が低かったはずです。〈たられば〉ですが、かなり確率の高い可能性だったと思います。

印象に残る場面でどれだけ自分をアピールできるか。三好はあともうちょっとで峠を越えられるところまで来ています。ここでダメ押しのアピールがほしいところ、〈藤田だったらなあ〉と思わせるプレーが続いたのは惜しかった。

今シーズン、若鷲たちが存在感を見せています。ショートの茂木、キャッチャーの足立。いずれも少ないチャンス、激戦区を勝ち抜きました。ほかに彼らに続きそうな選手となると、今は2塁を守る三好しか浮かんできません。それくらいの存在感を見せていました。起用されたときには藤田の存在を忘れさせるくらいに躍動しなくては。嶋の存在を忘れさせてくれた足立のようにw。

そして茂木、今日のゲームでは後半に連続エラーが出たり、延長10回2アウト満塁での打席で凡フライとちょっと元気がありませんでした。彼らしい躍動感やオーラが感じられませんでした。若き二遊間はもがいていますね。がんばれ。

先発・辛島と松井稼はよかった。持ち味と存在感を存分に見せてくれました。反対にミコが誤算でした。それから嶋。延長10回の3塁ランナーのときの走塁判断が悔やまれます。11回2、3塁での凡フライも〈らしくない〉、最低でも転がすでしょう、あそこは。衰えたなあ、そんな印象を受けました。

最後に。久々に青山が登板しました。11、12の2回を無四球で切り抜けたのは予想外でした。青山に金刃くらいの安定感が出てくればかなり心強い。今日のところの収穫の一つでしょうか。

最終的に引き分けでした。でも、ビジターなので〈最低限の結果〉ということにしておきましょう。このカードの誤算はやっぱり昨日の則本でしたね。あちらが良くなれば、こちらが悪くなる。こちらが良くなれば、あちらが悪くなる。すべて丸く収まるとはなかなかいかないところに野球の難しさ、面白さがあります。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ