読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

犬鷲・日記・備忘録

金子と投げ合っての初勝利、安楽にとっては3勝くらいの価値がありそうです。

  • Bs0−3E

安楽の今季初勝利は、エース金子と投げ合っての価値ある1勝になりました。イーグルスにとっても大きな1勝ですが、安楽にとっては更に大きな大きな1勝になったことだと思います。金子とは3度めの投げ合いでした。相手が金子でなかったら、もしかしたら、もっと早く今季1勝目をあげていたかもしれません。勝ち星だっていくつか重ねていたかも...。それでも、今日の1勝の方がずっとずっと価値がありそうです。

未来のエースがゲームを作り、若き守護神がゲームを締めました。松井裕がウィニングボールを安楽に渡すと、安楽はそれを尻のポケットに押し込みました。「お前の初勝利、約束どおりゲットしてやったぞ...」、先輩・松井裕がそう言って後輩・安楽へ渡したようにも見えましたねw。金子相手に堂々のピッチング、安楽はどんなエース級と投げ合っても大丈夫でしょう。彼の気持ちの強さは本物です。

安楽に貴重な1勝をプレゼントするきっかけを作ったのは昨日のゲームを休場したウィーラーでした。昨日のアマダーといい、今日のウィーラーといい、勝利のきっかけを助っ人外国人のホームランで作っているところが〈(イーグルス)らしくない〉ところですが、こういうのを〈嬉しい誤算〉というのですねw。いや、ウィーラーとアマダーは、AJとマギーのような存在になりつつあります。

安楽が今日の1勝でローテに固定されそうですから、このあと登板予定のある菊池がどんなピッチングを見せてくれるかが一層楽しみになりました。...が、まずは明日の則本に期待しましょう。初戦を取ってエースにバトンを渡すのですから、普通は連勝を期待するところですが、則本の場合は期待すると〈援護なし〉で黒星ということがよくあります。則本ではなく、辛島が投げるときくらいのテンションでゲームを見守りたいと思いますw。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ