せんだい雑記

楽天イーグルス、食べ歩き、日記

銀次には西武の栗山くらいの勝負強さがほしい

  • M5−3E

初回から苦しいピッチングは先発・釜田。ローテを守っているのは立派ですが、いつも5回前後で降板してしまう。毎度ギリギリいっぱいの感じが少し心配です。釜田というと〈豪〉のイメージがあります。そこが彼の魅力なんですが、桑田真澄さんのような〈柔〉のイメージがもう少しあってもいいかな、と個人的には思いますw。

攻撃では銀次がブレーキになっていましたね。チャンスでよく回って来ていましたが、〈らしさ〉が出せませんでした。この頃は当たりが戻ってきたと言われていますが、私の中の〈銀次らしい〉レベルはもうすこし高い位置にあります。

せめてチャンスでは、もう少ししぶといバッティングで〈らしい〉ところの片鱗を見せてほしかった。あまりに簡単すぎました。銀次には西武の栗山くらいのレベルになってほしいですねw。

さて、次戦の先発は美馬です。順番では安楽だと思いますが、美馬の千葉との相性は捨てがたかった、そういうことでしょう。仙台で出せなかった美馬パワーを思う存分発揮してもらいましょうw。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ