読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

日記・備忘録・犬鷲

安楽堂々、野手バタバタ...

犬鷲
  • E0−2Bs

3連勝、なりませんでした。イーグルスの先発・安楽は金子相手によく投げました。ここまでは期待どおりでしたが...。

オリックスの大エース・金子相手ではありましたが、安楽には「援護なしでゴメンネ」と言ってあげたい。ピンチにも落ち着いた金子のマウンド捌きに対して、イーグルスの攻撃陣は数少ないチャンスをモノにしようとバタバタしてしまいました。

例えば6回裏の岡島の走塁、2塁を回って3塁をも狙おうという積極性は良かったのですが、途中で2塁に引き返そうと止まってしまいタッチアウト。1アウト2塁のはずが、2アウトランナーなしにしてしまいました。イーグルスはときどき走塁でチョンボしてしまう印象があります。徹底したいプレーのひとつです。

それから9回裏の三好の3バント失敗。四球がらみの0アウト1、2塁の場面、逆転へと流れが変わりつつある展開でした。ところが、その流れを止めてしまった。ダメージの大きいプレーになってしまいました。最近光っていた三好だけに残念。このへんの経験を積めばもっと良い選手になるはずです。

日本を代表する大エースを相手に高卒2年目の安楽が堂々の力投を見せました。先輩野手はこれに応えてやりたかったところです。ざんねん...。

ところで、安楽の好投の影には先発キャッチャー足立の働きもありました。糸井をセカンド送球でアウトにしたプレーは、悪いけど嶋にはできないプレーです。昨シーズンまでは嶋が離脱すると勝率がガクンと落ちた印象がありましたが、今シーズンはその感覚がほとんどありません。逆に足立がマスクをかぶったときの方が勝てそうな雰囲気さえありますねw。いよいよキャッチャーのポジションも嶋が君臨する時代は終わったようです。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ