読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

犬鷲・日記・備忘録

やっぱり涌井が上

  • E2−3M

則本と涌井のエース対決。やっぱり涌井が1枚上手でしたね。

則本は調子よく投げていましたが、肝心なところで投げきれなかった。そんな感じ。7回表、好打者・角中を打ち取り、デスパイネという場面。1点リードしているので注意するのは一発だけ、そういう場面で一発病が出てしまうあたり、油断というか脇が甘いというか...。そして2アウトのあとの鈴木にもホームランを打たれ逆転を許してしまった。オールスターゲームでも似たような場面があった。メモ魔の則本ですが、あのときの経験は生かされませんでした。

一方の涌井は結構打たれました。被安打は則本の倍近った。しかし、そこは球界を代表するピッチャー。失点にしないところがさすがという感じです。

調子に乗って時おり笑顔を見せる則本に対して、終始まったく表情を変えずに淡々と低めに投げてくる涌井。安定感に加えて不気味さを漂わせていました。あれがエースの貫禄なんでしょう。ロッテの攻撃陣は則本に手も足も出ない感じの展開でしたが、エースが投げている安心感からか、慌てる様子もなく虎視眈々とチャンスを伺っている感じで、結局、最後はホームラン2本で逆転です。序盤、球数の多かった涌井はなんだかんだと100球ちょっとでゲームを制圧(完投)、これぞエースというところを見せつけてくれました。

チームの主戦級、ロッテは涌井と石川、イーグルスは則本と美馬、これがロッテとイーグルスの今の差かもしれません...。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ