読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんだい雑記

楽天イーグルス・日記・備忘録

岸がよかったですね...

  • L3−1E

ライオンに以前ほどの迫力は感じられない。栗山、秋山、浅村、中村、森、メヒアという上位打線の顔ぶれ、好調時だったらだれが投げても序盤で軽く5、6点は取られていたはずだ。それを久々の先発レイがベテランの味でどうにかこうにか3失点で粘る。レイが粘ったというよりは、ライオンが大人しかった。今のライオンならイーグルスも互角に闘えそうだが、1点返すのが精一杯。それくらい相手先発の岸がよかった。

そのイーグルス打線。銀次の調子が上がってきたのはいいが、反対にウィーラーがブレーキになりかけている。内田のフルスイングにはロマンを感じるが、岸クラスのピッチャーになるとバットにかすらせてもくれない。哲朗をはずして後藤を据えたのはいいが、やはり確実性に欠ける。ミラクルな勝負強さは哲朗などよりよっぽど心強い存在なんだが、茂木の代わりとなるとかなり物足りない。早く茂木に戻ってきてもらい、今江には本来の勝負強さを発揮してもらわないと、攻撃陣の薄っぺらさだけが目立って、見ていて実に心もとない。

投手陣は青山が落ちたことで劇場型ピッチャーがいなくなった安心感はあるが、やはり先発が問題。勝ちパターンになるまで持ち堪えられるタフな投手が少なすぎる。明日の先発・塩見もライオン打線のような強面のバッターが並ぶとちょっと頼りないところがある。良く言えばクール、悪く言えば闘争心に欠けるタイプ。淡々と投げ込むのはいいが、気づいたら大量失点ということになりかねない。味方が得点するまで泥臭く無失点で、悪くても最少失点でできるだけ長いイニングを投げてほしい。厳しい要求のように見えるが、彼の能力的にはごく普通の期待、後は気持ちの問題。

応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ